ヴィクトリアマイル2014分析

      2017/02/23

2014年のヴィクトリアマイルは、東京競馬場の芝1600mで開催される。
早速フォトパドックでの状態確認を含めた出走馬を診断していこう!

ケイアイエレガント

昇級後2戦で重賞レースを勝つなど急成長を見せている。
牝馬にしては筋肉質で幅のある体形をしており相当タフそうな馬だ。
ただ、トモに力が付ききっていないため瞬発力に不安を残している。
四肢の力の入り具合を見ても時計勝負には限界がありそうだ。

仕上がり:★★★★☆ 

エクセラントカーヴ

一度使ったことでアウトラインがスッキリした。
重賞を勝った時よりは劣るが使った上積みは見込めるだろう。
繋ぎが長く柔軟すぎる点からパンパンの硬い馬場の方が合っている。

仕上がり:★★★★☆ 

ヴィルシーナ

使いつつ筋肉が盛り上がってきて順調に良化している様子。
近走は冴えないものの体調に問題はないと考えて良いだろう。
ややノンビリしてきた印象もあり、もっとカッとするぐらいの気合いが欲しい。

仕上がり:★★★★☆ 

ウリウリ

馬体の充実と共にレース内容も上向いてきた馬。
内臓面もしっかりしたのか体重が大きく増減することがなくなった。
神経が良くコンパクトな馬体を上手く使えるため馬群を苦にしない。

仕上がり:★★★★☆ 

ストレイトガール

伸びのある馬体を見れば、いかにもスプリンターのイメージはない。
過去に一戦してソコソコ走っており折り合い次第で距離はこなせる。
できるだけロスなく乗りたいだけに好走には内枠が必須条件と言える。

仕上がり:★★★★☆ 

メイショウマンボ

一度使ったことでトモに筋肉が戻り力強さが戻ってきた。
背中に強さが感じられ立ち姿も前回より迫力がでてきている。
ただ、ゆったりと構えた姿を見るとマイルのスピード勝負には疑問が残る。

仕上がり:★★★★☆ 

フーラプライド

牝馬にしては体幹がしっかりした馬で良くも悪くもブレない馬。
自分の能力だけは安定して走れるが芝だと時計に限界があるだろう。
雨が降って下が緩くなるほど本領を発揮するはずだ。

仕上がり:★★★★☆ 

ラキシス

好バランスの馬体ではあるが、いまだトモがパンとしきれていない。
それでも重賞で好走できるのだから素質の高さは間違いないところ。
本格化は先になるが現時点でもそれなりに走れる。

仕上がり:★★★★☆ 

デニムアンドルビー

ドバイからの遠征帰りになるがダメージは見られない。
ただ、気持ちが入り切れていない印象があり気合いが欲しいところ。
パドックで大人しいようだとマイルに対応できないのでは。

仕上がり:★★★★☆ 

スマートレイアー

腰とトモに力が付いてきたことで末脚をフルに発揮できるようになった。
まだ改善の余地を残すものの順調に良化しているのは確かだ。
ここで勝てるようなら秋の飛躍が楽しみになる。

仕上がり:★★★★☆ 

ホエールキャプチャ

以前よりも大きく見せるようになって出がらしの印象はない。
一時の不振から脱して復調してきたと見るべきだろう。
おっとりしてきた感じはあるが、この調子ならまだまだやれそうだ。

仕上がり:★★★★☆ 

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2014