ヴィクトリアマイル2011穴馬リターンはあるのか

      2017/06/07

2011年のヴィクトリアマイル予想は、誰もが羨む万馬券を取れる穴馬を公開する。

歴史的な事実としてアメリカの著名な投資家であるウォーレン・バフェット氏は、株式の投資家になる前に予想屋でプラス収支を達成していました。逆説的に見るのなら株式でプラスにできる人は馬券でもプラスにできる可能性が高いということになります。つまり、株と競馬におけるシステムの違いが勝ち負けを決定づける要因にはならないということです。

この事実に私は歓喜の声をあげました。つまり、競馬には何かしらの法則性が働いている可能性が高いと分かったからです。それだけ投資して研究しても良い対象ではないかと考えました。しかし、いくらつぎ込んで結果がでるのか確証はなく不安ばかりでしたがインターネットを通じて知り合った方々のご助力や尽力があり独自の競馬理論を構築することに成功したのです。

◎11.エーシンリターンズ

外回りなど直線の長いコースは[3.1.3.1]と好成績。
負けたのは距離が長かったオークスでの惨敗だけ。
マイルならアパパネと0.1秒差と能力の裏づけもある。
仕上がり早で鉄砲も不問のタイプで初戦から狙う。

○16.アパパネ

前走は流れが向かなかったが上がりの脚は見所十分。
叩き2走目の方がいいタイプで上積みが期待できる。

▲13.ブエナビスタ

昨年の勝ち馬だがマイルは少し忙しい印象を受けた。
大崩れはないが加齢によるズブさは懸念材料だ。

×2,4,9

ヴィクトリアマイル分析

アニメイトバイオ
昨年は細く見えてたくらいで極端に太いということはない。
ただ、細く見えるくらいの方が走れるタイプかも知れない。
馬体診断:★★★

アパパネ
前回よりアウトラインはスッキリして型通りの良化を見せている。
皮膚感はあまり良くはないが走れる態勢にはありそうだ。
馬体診断:★★★★

アプリコットフィズ
体つき自体は前回と大差はなく大幅な変わり身はない。
暖かくなって皮膚感は良くなってきている。
馬体診断:★★★★

アンシェルブルー
牝馬にしてはドッシリと構えて安定感のある体つき。
太めに見せるタイプだが体つきはメリハリがついて良好。
馬体診断:★★★★

オウケンサクラ
今まで一番スッキリ映るが、本来このくらいがいいのかも。
外観からの評価が直結しないので判断がつきづらいタイプ。
馬体診断:★★★

コスモネモシン
だんだんガッチリとした体つきになりマイラー系に近づいた。
使いつつふっくら見せて状態不安は全くない。
馬体診断:★★★★

ショウリュウムーン
一時期よりアウトラインが引き締まりメリハリがついてきた。
本質的には暖かい時期の方が合っていそう。
馬体診断:★★★★

スプリングサンダー
トモに甘さは残るが、捌きが柔らかく感じられる仕上がり。
体を持て余すことがなくなり走りのブレが少なくなった。
馬体診断:★★★

ブエナビスタ
特に不安のない仕上がり。
馬体診断:★★★★

ブロードストリート
体つきに余裕がなく萎んだ風船のよう。
皮膚感も悪く体調には疑問符がつく。
馬体診断:★★

レディアルバローザ
体に実が入ってキングカメハメハ産駒らしい逞しさが出てきた。
一絞りあってもいいが特に太いということはない。
馬体診断:★★★

相馬師:マキバオー

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2011