ヴィクトリアマイル2010ベスト条件の馬がいる

      2017/05/25

2010年のヴィクトリアマイル予想で最高にワルでクールな穴馬を狙い打つ!

競馬で勝ちたいのなら、まず負けない工夫を思いつく限り実施することです。その先にしか競馬で勝つ方法は存在しようがありません。いきなりどうやったら勝てるのかを考える人にはチャンスは訪れないでしょう。いつでも地道に進むことでしか確かな成果を得ることはできない。競馬で勝つことは東大に入るよりも難しいと思えばやる気もでてくるはずです。

投資は頭が良ければ勝てるといった類のものではありません。しっかりと投資の極意を身に付ければ低学歴でも高学歴を食い物にすることができる。そのためには人一倍の努力が必要になるのは言うまでもありません。

◎01.ベストロケーション
レースセンスがフルに生かせる最内枠を引けたのはプラス。
タメが利くようになりマイルで2着があるように距離への不安はない。
スロー濃厚な構成になり底力より軽いスピード向きの競馬になれば一発の目もある。

◎13.ワンカラット

ベストロケーションは明らかな太めのため穴馬変更。
パドックから気性の成長がうかがえる同馬を拾い上げる。
桜花賞0.4秒差の4着の能力から出遅れず前目につけられれば一発ある。

○11.ブエナビスタ

牝馬同士なら負けられない。

×2,3,9,17

ヴィクトリアマイル分析

アイアムカミノマゴ
全体的に窮屈さのある造りで戦績通り1ハロンの延長がカギになる。
トモの充実が終い切れるようになりアグネスタキオン産駒らしくなってきた。
筋肉の張りや肌艶が良く本格化したといって良いだろう。

ヒカルアマランサス
無駄な筋肉がなくシャープなアウトラインの典型的なアグネスタキオン産駒。
重い馬場よりかは時計の出る良馬場で決め手を発揮する。
薄手でも筋肉はドッシリと見せ特に不安はない。距離は中距離前後までこなせる。

ブエナビスタ
フックラと見せてドバイ帰りを感じさせない。
外見からは特に不安は感じない。

ブロードストリート
少しづつ馬体に芯が入ってきた印象で使いつつ上昇ムード。
やや頭が高いタイプで距離はマイルから中距離以下が良い。

ラドラーダ
アウトラインに沿った筋肉が付ききっておらず成長の余地を残している。
肌艶が悪く気候の変化についていけてない様子。
現状は物足りないと言わざるを得ない。

レッドディザイア
細化した様子もなくドバイ遠征のダメージは見られない。
ブエナビスタ同様に不安は感じない。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2010