競馬予想法

keibasite.comは、実際に勝ってきた馬券師の意見から独自の競馬理論を構築しました。
その中でも代表的なものをご紹介いたします。

精度分析法

データには2つの特性があります。競馬新聞で見られる数字などは『量的データ』と呼ばれ、この量的データを中心とした予想には単純なデータ比較から統計的な手法に至るまで様々な予想法が乱立しています。

私が注目したのは、数字以外のデータを扱う『質的データ』の方です。この『質的データ』を使った予想法を確立したのは当方だけであり、圧倒的なアドバンテージを稼いでいる理由の1つです。

具体的に何をするのかと言えば、人間や競走馬のクセからレースが出来上がっていく形を研究ために多くの時間を使い観察や気付いたことを地道にまとめていくことで現実に近いレースを表現していく試みです。

競馬理論の1つに位置取りを指定した予想があります。この位置取りなら好走する可能性が高いと分かるのは、こういった質的データによる分析のおかげです。

精度分析法の詳細

クラウドシステム

簡単に言えば情報共有システムです。個人が持つ情報(予想や競走馬など)を集約することで一般にはない新しい情報価値をもたらすために構築されました。

1万頭もいる競走馬を個人で管理するのは現実的に無理があります。しかし、その情報を個々が持ち寄ることで効率は一気に上がります。それを予想という形で提供する『win-win』の関係で成り立っています。

クラウドシステムの詳細

相馬理論

走る馬の形(馬体)にも流行があります。その流行をいち早く掴むことで馬券のアドバンテージとして生かしています。多くの人は、そんなことには関心がなく馬体なんてスルーされているのが現実です。

しかし、大人気のサンデーサイレンス産駒だった日本最強馬ディープインパクトは最低価格で落札された事実があります。海千山千の博労の眼をすり抜けたのは当時の走る馬体ではなかったのです。

そこに着目して研究してきたのが一口馬主でも役立つ独自の相馬理論になります。競走馬が持つ適性を明らかにし素質があるかどうかの判定から適性がどこにあるのかなどの情報を高い精度で知ることができます。

血統理論

よく注目される血統ですが、keibasite.comでは相馬理論とセットで利用しています。血統は統計で見ていく手法が一般的ですが十分なデータがないと効果は限定的であり単独では使い物になりません。

そこで相馬理論を用いて馬体から適性判断していくことで少ない統計データでも確実性を高めることができます。この馬は○○が得意と早い内に分かるため血統論者が気付く前に利益を作っていくことが出来るのです。

人間でも家系図だけ見ても情報は限定的ですが顔を見れば誰に似ているということが分かり、そこからスポーツが得意なのではという推測を立てることができます。こう考えると血統だけの予想は少し強引すぎると思いますがどうでしょうか。

多岐に渡る馬券戦術

これら以外には、プラス回収率を生み出す儲かる脚質である『逃げ馬』の狙い方などの戦術論が多くなります。競馬では、全く予想力がなくても考え方次第で利益を作れるものなのです。

ほとんどの人は予想に傾倒したがりますが、馬券で勝っている人の多くは効果の高い戦術を組み合わせているのが普通です。予想という行為自体が不安定であり色々なファクターに影響されてしまうため、こういった引き出しを数多く持つことは基本にして重要になります。

競馬初心者ほど初めから競馬予想に手を出すべきではありません。ほとんど馬券師は、初めは大損をしておりに高い授業料を払って自ら競馬予想を学んできた人たちばかりです。勝つべきポイントが分からないのですから負けるのは当然ですよね。

初めから大損しないように初めはkeibasite.comの理論をご覧いただき、どうすれば勝てるのはを導きだせるようになってからでも馬券を買うのは遅くありません。分からないことがあれば気軽に質問して下さい。初心者の分からない所が馬券師たちには分からなくなっているので、そういった質問は非常にありがたいのです。

あなたは競馬で勝つと言葉に出すことで行動が変わり競馬で勝てるようなります。競馬で負ける人のプロセスは、いつだって決まっており分かっていても抜け出せずにいます。

公開日:
最終更新日:2017/05/04