東海ステークス2018予想データまとめ

      2017/09/29

東海ステークス2017予想オッズやデータ分析をもとに好走馬を検討していきます。

2016年に優勝したアグネスデジタル産駒アスカノロマンが出走を予定している。G1レースのチャンピオンズカップで3着の実績はトップクラスなだけに連覇の可能性は十分ありうる。ただ、気性的な難しさが顔をだしてきた印象もあるだけに思ったほど走らないケースは想定しておくべきだろう。

東海Sデータ傾向

中京競馬場ダート1800mで施行されるG2レースだが、ラップの波形は例年通りブレることがないため2017年も似たような形になりそう。

2016年は緩やかな流れになったため、坂を上る中京競馬場でも瞬発力が求められるレースになった。

それでも冬場の力がいるダートで最後の1ハロンは時計を要することを考えるとスタミナもあわせもっていないと乗り切ることはできない。

馬券の頭まで考えるなら1800m以上での勝ち星があった方が好走の確実性は高まるはずだ。

こういった点からスピードとスタミナどちらも問われることになるためフェブラリーSにそのまま直結しやすいのも頷けるところだろう。

G1レースへのステップレースということで人気の実績馬ほど厩舎の思惑や仕上がり具合は気にかけておきたい。

東海Sは、G1馬には地方競馬の川崎記念という選択肢もあるため一流どころが出走してくるとは限らない。

過去の出走馬を見ると少し手薄になることも珍しくない。その点から自己条件から上がってきた馬やオープンクラスの実績がない馬でも好走には気を付けておきたい。

また、高齢になる8歳馬でも手薄なら好走のチャンスがでてくるため年齢だけでバッサリ切るのはやめておいた方がいいだろう。

予想オッズ

掲載までおまちください

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - G2予想 , ,