高松宮記念2018予想データまとめ

      2017/10/11

高松宮記念の予想オッズとデータ傾向をもとに分析していきます。

高松宮記念2017出走予定馬

高松宮記念の有力馬をチェックしていきます。

ビッグアーサー

満を持してのぞんだスプリンターズステークスは内枠が災いし前が開かずポテンシャルを発揮できずの消化不良のレースとなった。セントウルSでは逃げての押し切って見せたもののG1レースでは慎重に相手の出方を見たのが裏目にでたことでリズムが狂ったか、初遠征となった香港スプリントでは見所なく10着に敗れている。藤岡厩舎は、心身の回復を重視して高松宮記念への直行というローテーションを選んだ。休み明けの不安はあるものの鉄砲駆けの実績はあることから昨年同様のスピードレースになるのならサクラバクシンオー産駒のスピードをフルに生かせるはずだ。※脚部不安により回避

レッドファルクス

昨夏からスプリント路線へと舵を切ったことが功を奏しCBC賞を上り3ハロンタイム32.7秒の豪脚で初重賞レースを飾る。初G1レースへの挑戦となったスプリンターズSは、前走から乗り替わったM.デムーロの好判断で押し上げて中団からの競馬がハマり接戦でG1ウイナーにまで一気に躍進した。つづく香港スプリントは12着に敗れたことでビッグアーサーと同じ直行で本番に臨む。まだ、右トモもハマりが良くないということで状態面が上がってこない様子。ギリギリの調整を迫れるようなら追いきり次第では割り引いて考える必要がある。

ダンスディレクター

昨秋はピリッとしない競馬が続いたがデキが上向いたシルクロードSでは後方から以前の決め手が復活し上がり3ハロン時計33.1秒の末脚で接戦をものにし連覇を果たした。中京競馬場では勝ち鞍こそないものの、重賞レースCBC賞を含め3戦すべて馬券圏内の好走を見せており末脚をいかんなく発揮できる舞台となる。ただ、昨年のようなスピード勝負になると後方からの競馬では太刀打ちできそうもないだけに馬場状態が好走のカギを握りそうだ。※骨折により回避

シュウジ

前哨戦の阪急杯では1番人気の支持を集めるも先行して折り合えず惨敗する形となった。まだまだ強さが伴っていないことを露呈してしまったが良くなる余地を残しているという見方もできる。芝1200mで行われる高松宮記念なら自慢のスピードを生かせるが、前走はスプリンターのスピードを見せて惨敗しているだけに先行しない可能性も考えておくべきだろう。いいくら状態が良くても頭が飛んでいる状態ではまともに好走することはかなわない。メンタル面の立て直しという極めて繊細な仕上げが求められてくる。

前走の阪急杯は8着。休み明けらしく折り合いを欠いての負けで騎手の工夫も見られなかった。もう好走したら儲けものと言わんばかりの騎乗は本番前の試走感が強い。最近は負けることにへの抵抗感が薄れてきた競馬サークルは厩舎の仕上げる技術も低下している。そういった点から休み明けの競馬と割りきって考えても構わないだろう。

ソルヴェイグ

休み明けとなったシルクロードSではプラス18kgの馬体重で先を見越した仕上げが影響したか、楽にハナを切って逃げたものの直線は失速しての6着と完敗に終わった。休み明けを考慮しても物足りなさが残るレースだっただけに本番での上積みがどれだけ見込めるかが好走のカギを握っている。スプリンターズS3着から実績では差がないだけに仕上がりが良ければ巻き返しの可能性は十分にありそうだ。

この馬もシュウジ同様にガス抜きがメインの競馬だったとしか思えない。一度レースに使えばガスは抜けるはずだが、より確実性の高い乗り方を選んだということだろう。つまり厩舎側が仕掛けた意図的な負けなので気にする必要はない。あらゆるレースで勝負するというのは馬券を買う側の勝手でありヤラズの競馬は存在するということだ。あとは斤量が増える影響がどうでるかだろう。

メラグラーナ

オーシャンSで初重賞レースを制した豪州産の牝馬。まだ底は見せていないものの相手関係に目新しさはなくフレッシュ感はさほどでもない。3走前の重馬場で行われた京阪杯をのぞば底を見せていないが強調するほどの強い買い要素がないのも確かだろう。未知の魅力に期待するには人気しすぎの感もある。

高松宮記念2017予想オッズ

1	レッドファルクス	3.3
2	メラグラーナ		4.1
3	レッツゴードンキ	4.5
4	シュウジ		5.5
5	ソルヴェイグ		9.7
6	セイウンコウセイ	11.3
7	フィエロ		13.2
8	ヒルノデイバロー	39.4
9	ナックビーナス		42.1
10	ワンスインナムーン	43.5
11	トーキングドラム	54.8
12	スノードラゴン		82.0
13	クリスマス		88.3
14	ラインスピリット	214.7
15	ティーハーフ		232.5
16	トウショウピスト	263.7
17	ナガラオリオン		333.0
18	レッドアリオン		370.7

高松宮記念2017データ傾向

2016年は高松宮記念の前に行った馬場整備の影響で高速時計による決着となった。このためラップタイム的には突出したものになり参考になるかは当日の馬場次第になる。

2014年は不良馬場になったことでタフな競馬になったが番手からコパノリチャードが完勝しており馬場を問わず前に行けるタイプから馬券を構築するのがセオリー。

昨年はBコースでの開催となったことで2~4枠で決着したように過去のデータ傾向が一新される可能性が高い。

2017年も高速馬場での開催となれば内枠をプラス材料として馬券を組み立てることも必要になる。

競馬理論:ヤリヤラズを見抜く唯一の方法

それはパドック診断でのみ明らかにすることができる。ヤリヤラズの気配は競走の馬の仕上がりに反映されるからだ。

ただし普通にパドックを見るだけではまず分からない。ただでさえ動いている馬を見ることは容易ではなく、それに加えて短時間で判断しなければならず上級者でもハードルが高い。

先週パドック診断による穴馬フィーバーが巻き起こった。高い確率で素質馬を見極める能力があるエージェントだからこそデキたことであり容易にマネすることはできない。

いくつも的中しているがその中で会心のヒットだったのが日曜の中山8R。パドック診断で挙げた3頭がそのまま上位を独占し、3連単は169,510円という配当をつけた。

ほかにも厩舎コメントでは仕上がり不足を強調していたスプリングS1着馬ウインブライトの『勝負仕上げ』を見抜いていた。あまりにも厩舎側の話と食い違っていたので単勝は810円をつけるまでに落ち込んでいた。

この結果は素晴らしいものだが本当の価値はプロセスにこそある。それは、価値が含まれるレースと価値が含まれる馬だけに集中しているということ。

つまり、パドックというファクターの強みを最大限に生かした結果、低リスクかつ最大限の利益がもたらされた。このことに価値を感じなければならない。

あの武豊がパドックに価値はないと言っても、それがすべての人にあてはまるわけではない。

だからこそ否定せずに可能性を追える人は一定の強みを持つことになる。それは競馬だけでなく勝負では必ず必要になるマインドである。

競馬は2割の知識があればいい。その2割も自分自身の得意分野だけ知っておけば十分である。逆に知りすぎている人間は自分自身の強みを発揮することができない。

自分自身の強みが買い目に反映されていれば利益は最大化される。

これは私が発見した普遍の真理である"シークレット”のプロローグにすぎない。本当に価値のあることに取り組めば今まで不可能だったことを実現していくことができる。

今すぐ結果をだす保証はできない。しかし、正しい行動と努力を続けていった結果どうなったかはツイッターを通して発信してきた通りである。

高松宮記念2017予想見解

2012年の中京競馬場の改修から馬場状態の変化が大きいコースとなっていることに注意したい。以前のようなタフさを必要とするレースにはならない可能性がある。

今までは波乱はなく人気馬が好走をしてきたが、これからはどうなるか予測がつかない。この点において今までにない高配当が飛び出しても不思議はなさそうだ。

好走の中心は4~6歳馬という点から勢いのある若手の台頭に期待するのも面白い狙いと言えるかもしれない。

いまのところ馬券の軸馬にはレッツゴードンキかシュウジあたりを考えている。まだ分析しているので確定的ではない。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2018 , ,