シルクロードステークス2016予想は類を見ない混戦になる

      2017/02/24

2017年のシルクロードステークス予想オッズとデータ傾向から好走馬をあぶりだします。

最近のスプリントは案外テンが速くならない。特にスタートから坂を上がる京都競馬場では顕著でスピードを競っているのか、それとも末脚のキレを競っているのか分からない状況になっている。底力勝負になりにくく馬場も速いため騎手の腕も問われるレースになるはずだ。

低レベルなスプリント路線は波乱の余地が大きい。今から何が主役かなんて無責任なことを言う気にはなれない。私たち神算鬼謀の馬券術は99%の負けを1%の可能性で覆せる穴馬を選別することができる。7年以上も穴馬中心の予想公開しプラス回収を続けてきた“競馬予想理論”があれば特大の激走穴馬をお知らせできるだろうと考えている。

これだけは買っとけ!厳選馬

2、3、7、9、11、13、16

激走穴馬の無料配信はこちら

2015年 シルクロードステークスの出走馬診断

エイシンブルズアイ

夏から層の薄い短距離路線にシフト。前走でオープンの淀短距離Sを勝ち順調にキャリアを積み重ねている。馬体は特にクセがなくバランスの良い馬体からスプリンターというイメージは薄い。ここで勝てるようならマイル路線に行っても楽しめる馬に成長してきそうだ。
仕上がり:★★★★☆ 

ベルカント

古馬重賞レースでは馬券絡みはないが0.1秒差5着のスプリンターズSから通用の余地は見せている。馬体は細く見えるほどアウトラインが引き締まり久々を感じさせない仕上がりとなっている。硬めの繋ぎから適度に時計が掛かる馬場の方が良さそうだ。
仕上がり:★★★★☆ 

セイコーライコウ

8歳馬で今さら急上昇は望めないものの極端に衰えた印象もない。1200m重賞レースではワンパンチ欲しい現状だけに前崩れの展開が望ましいか。
仕上がり:★★★★☆ 

アンバルブライベン

京阪杯を勝つなど近走は充実している。ハナを叩きたい馬だけに常に展開面での不安はあるがテンの速くならない京都競馬場は相性が良い。馬体は冬毛が伸びてはいるが許容範囲で引き続き力のデキにあると見て良さそうだ。
仕上がり:★★★★☆ 

マジンプロスパー

すでに8歳馬ということで余力で走っている印象は否めない。馬体は太め感はないものの姿勢に芯が入り切れていない印象で一叩きがベターだろう。
仕上がり:★★★☆☆ 

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2016