皐月賞2018予想データまとめ

      2017/10/12

皐月賞の予想オッズとデータ傾向をもとに分析していきます。

皐月賞2017予想オッズ

1 	スワーヴリチャード 	3.7
2 	ファンディーナ 		3.8
3 	カデナ 			5.2
4 	レイデオロ 		6.4
5 	ペルシアンナイト 	10.4
6 	ウインブライト 		11.2
7 	アウトライアーズ 	12.8
8 	アルアイン 		17.6
9 	サトノアレス 		25.5
10 	アダムバローズ 		47.8
11 	アメリカズカップ 	51.7
12 	ダンビュライト 		54.0
13 	クリンチャー 		73.9
14 	コマノインパルス 	88.5
15 	マイスタイル 		103.9
16 	トラスト 		118.7
17 	プラチナヴォイス 	138.2
18 	キングズラッシュ 	338.2

皐月賞2017出走予定馬

皐月賞2017予想オッズから穴馬を考えていきたい。

ファンディーナ

追加料金を払って参戦してきた3連勝中のディープインパクト産駒牝馬がファンディーナだ。大物感あふれる走りで圧勝を続けており底を見せていない中でのG1レース参戦。しかも牡馬が相手で一気にレベルが上がることになるが勝利のチャンスを期待したくなるだけのパフォーマンスをしているのも確かだろう。それに、牡馬が混戦模様でこれといったスターホースが不在という状況があり、皐月賞までに至るローテーションにおいて実績が分散していることからどの馬にもチャンスがある。まだ牡馬レベルが低いとは断定できないだけに牝馬限定の重賞レースを勝ったファンディーナは信用できないといった声も少なくない。前走のフラワーカップでは楽勝ながらスプリングステークスより0.3秒しか差がないことから参戦の判断はあながち間違いとは言えないだろう。

スワーヴリチャード

4戦のキャリアを通して自身の競馬を確立してきたスワーヴリチャードは走るハーツクライ産駒に共通する成長力を証明してきたと言えるだろう。芝1800~2000mという中距離で実績を残せばクラシック候補と呼ばれる時期ではあるが、ライバル関係にあったムーヴザワールドに完勝したインパクトは大きい。皐月賞では未対戦組と力関係がカギになるが、さらなる良化が見込めるようなら期待はふくらんでくる。

カデナ

キャリア5戦で走りが噛み合ってきた感があるディープインパクト産駒カデナ。前が残るスローペースになった弥生賞では後方からレースを進め血統通りキレのある末脚で素質の違いを見せつける完勝だった。デビューから減ることなく増えてきた馬体重から心身の充実が見てとれるだけに本番の皐月賞でもさらなる進化を感じさせる追いきりができれば一気に支持される可能性も十分あるだろう。

皐月賞ラップ分析データ傾向

皐月賞のペースを比較してみたると息が入りやすいのが3ハロンと5ハロン目だということが分かる。そして、残り1000m過ぎからレースが動いていきペースが速くなっていく。

唯一の例外はゴールドシップが勝利した2012年。この年の馬場は稍重という発表だったが実質は重以上のタフさが要求される馬場で行われた。

かなり異例の競馬となっていることから度外視していいだろう。それにしてもJRAの馬場発表のいい加減さはG1レースになると酷いことが分かる。

これだけデータ競馬が根付いた時代になっても馬場表記が漢字なのはいかがなものか。そろそろ数字で水分含有率を表記して欲しい。JRA職員が馬場を踏んだ感触で決まるなんてナンセンスもいいところだろう。

2011年は震災により東京競馬場での開催となったことでラップ波形が他とは違っている。

中山競馬場にはゴール前に急坂があるものの極端に上がりが掛かることはない。この点からスピードを持続していける馬に十分なチャンスがあると言えそうだ。

基本的には4コーナーで前を射程圏に入れておく馬が活躍しやすい。2016年は強風の影響があったせいか追い込みで決まったものの馬券的には先行できるタイプを軸馬にしたい。

皐月賞ラップ2017予想見解

近年は前走1800m組から皐月賞の勝ち馬がでている。あまり芝2000mの経験は必要でないというよりも不要に近かった点からファンディーナにとって良いデータと言えるだろう。

やはり中心馬がいない中で本番を迎えることから感情的にファンディーナは人気集中するのは間違いなさそうだ。

最近では牡馬と牝馬の垣根は少なくなったものの、この時期あたりから牡馬との成長ラインに差がでてくることもあり牡馬で軸が決まることが望ましい。

無敗馬は皐月賞を勝てないというデータもあり色々な予想が飛び交うことになりそうだ。過去に執着する者はファンディーナを軽視し、未来を信じる者は逆に重視するのだろう。

皐月賞の穴馬は、まずはスピードの持続性に優れた先行馬から狙っていくことを検討したい。

4keiba.comとの取り組み

過去に色々な人とコラボしてはオリジナルの競馬理論を生み出してきたkeibasite.com。その中でも革新的なのが競走馬の適性を明らかにする【ベノム診断】でさらなる飛躍を目指している。

4keiba.comとは馬主に競走馬を紹介するエージェント集団である。実際に一口馬主では無料で出資診断サポートを行い2017年の重賞レースであるスプリングSを勝ったウインブライトを引き当ててみせた。

この日本有数の相馬師を味方に共同開発し世界的に見ても類を見ない適性診断法を確立できた。その一部の成果は、無料競馬情報として4keiba.comにて公開し十分な実績を証明している。

競馬サークルとの橋渡しをするエージェントだからこそ可能にする近未来の競馬予想は不定期ながら4keiba.comで見ることができるので参考にしてみてはいかがだろうか。

>> 無料競馬情報4keiba.com

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2018 , ,