ローズステークス2017予想データまとめ

   

中央競馬は10の競馬場に20の距離が設定されています。

もし芝とダートを行ったり来たりするような馬がいたら適性が見えづらくなります。

さらに今では競走馬の同質化が進んだことでレース条件による専門化が進んできており十分なデータがあるとは言えなくなってきました。

そこを補完するために馬体適性理論(BD)を考案しデータ分析に活用しています。

同じ自動車でも種類によってフォルムが違うことはご存じでしょう。

もしスピードを追い求める自動捨であればF1のフォルムが最適となりますよね。

これは競走馬でも同じでスピードを出しやすいフォルムや瞬発力に優れたフォルムが存在します。

この適性から評価軸を作ることで競走馬の能力を把握することができるようになりました。

ただ、こういうアナログな分析はとにかく手間がすごくて作業量は10倍に激増というデメリットもあります。

しかし、見方を変えれば今の混迷の時代で通用する手法は今後も生き残る可能性が高いはずです。

ハイペースでは走破時計が指標になりますが、スローペースでは指標が存在しません。

その基準ができる意義は大きく今の苦労はあとで必ず報われると考えています。

タイガーウッズはより高みを目指しフォームを変えたことがありました。

順調なキャリアの中でもリスクを取りベストを目指した上での決断でした。

そこから2年は低迷を続けましたが、その後に史上2人目のトリプルグランドスラム達成したのです。

自分自身の行動を100%正しいと信じられる人は無限の可能性を手に入れることができる。

これが手法を生み出す源泉と知れば、成功は外からではなく内からもたらされるものだと言えるのではないでしょうか。

それではローズSの予想に必要なデータをまとめていきます。

夏に使われてきた馬が好走

有力G1馬が復帰してくるレースということで実績馬の好走は手堅いものの穴馬は夏に使ってきた馬があける傾向がみられる。

堅く決まる年を除くと7番人気以降から穴馬でており軸馬から手広く流して当てるのがセオリーと言えるだろう。

ただ、あまりに手広すぎると利益がないなんてこともありえるだけにオッズに注意しておきたい。

関東馬は質が高い

ローズSは関西で行われるため必然的に関西馬中心のレースになりやすい。特に今年は紫苑Sが重賞レースになったため積極的に遠征してくる意義は薄くなった。

そういったこともあるせいか意を決して出走してくる関東馬の馬券好走率が高い傾向がみられるようだ。

本気度の高そうな関東馬を選ぶことで馬券的中は近づいてくるかも知れない。

ディープインパクト産駒に注目

出走数が多いディープインパクト産駒はジェンティルドンナ、デニムアンドルビー、タッチングスピーチと3勝をあげている。

好走馬7頭はすべて前走3着以内だったことから、ディープインパクト産駒は前走3着以内馬に注目したい。

ただ、近年の傾向からディープインパクト産駒の株は上がりっぱなしだけにオッズは期待しないほうが良さそうだ。

前走の上がり時計が速い馬

逃げ・先行タイプに連対馬がいないことから、差し・追い込み脚質が好走する舞台であることが分かってきた。

特に前走で上がりの速かった馬は連対率・複勝率ともに最も高く、複勝回収率でも100%を超えるなど狙い目となっている。

阪神競馬場の外回り芝1800mで末脚を爆発させる馬を狙うことで買うべき馬が見えてくるはずだ。

ローズS2016予想まとめ

この舞台から復帰するディープインパクト産駒シンハライトは、やはり馬券の中心となる馬で除外して買うのはかなり難しそうだ。

桜花賞馬ジュエラーも復帰して初戦から大注目のレースになるだけに穴馬狙いは狭き門となる可能性が高い。

データ傾向からはラヴェンダーヴァレイに注目しているが前走1200mを使った反動が気になるところではある。

狙うべきレースと分かれば買い目を公開するので参考にして欲しい。予定はメールでお知らせすることもある。

ローズSレースラップ分析

ローズSのレースラップから仲ゆるみからの瞬発戦というパターンが例年の傾向になります。

2014年、2016年のように5ハロン目で大きく緩むと前が残りやすく差しに不利な展開になりやすい。

2015年のように持続性が強い傾向になると差しが決まるため展開予測がキーポイントになってくるレースです。

レース展開は水物で予測しづらいためスローペース前提で考えておく方が無難でしょう。

近年はスローペースで荒れるパターンが多いため配当的な妙味も十分にありそうです。

ローズS予想オッズ

1	ファンディーナ		2.6
2	リスグラシュー		3.7
3	モズカッチャン		4.0
4	ミリッサ		7.3
5	レーヌミノル		9.0
6	カワキタエンカ		23.8
7	カラクレナイ		24.7
8	ブラックスビーチ	34.2
9	ミスパンテール		39.9
10	クイーンマンボ		70.6
11	ラビットラン		74.5
12	ヤマカツグレース	87.1

ローズステークス予想見解

台風が日本列島を縦断する可能性が高く馬場状態は悪化するものと考えておくのが良さそう。

そうなると活用できるデータが少なく波乱が起きる可能性も高くなります。

馬場が悪化するほど手広く狙うのが吉と言えそうですね。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2017 , ,