精度分析法

精度分析法とは

riron『精度分析法』 を一言で言うなら “観察すること” と表現するのが適当かと思います。
レースを知り、競走馬を知り、考えうる事象を捉えていくことで正しい結果を導きだそうと試みます。

一般の馬券購入者は、競馬専門紙にあるような四則演算ができるデータ、つまり 「量的データ」 だけを扱い予想をしている人がほとんどです。データが少ないので予想は簡単ですが、精度は低く勝つまでには至らないケースがほとんどです。

競馬予想は、この 「量的データ」 を中心に発展してきましたが、質的データは扱いにくく分析にには論理的思考が必要となるため、注目されることはありませんでした。その盲点を突き、質的データを取り入れ併用することで高い精度で好走馬を特定することを可能としたのが 『精度分析法』 なのです。

必勝法ではない

『精度分析法』 で優位に立つことはできますが、バカスカ何でも的中させる必勝法ではありません。
あらゆる好条件が揃った時に素晴らしい仕事ができるツールという認識が近いでしょう。素晴らしい仕事をした時に十分なリターンがあり勝つことができれば問題はないのです。それに、不確定要素が多い競馬では、必勝法と言えるような理論は構築できません。事前に騎手がどういうミスをするか、指摘できる人にはできるかも知れませんが、超能力者でもない限り無理でしょう。

一般人が負ける理由

競馬新聞やJRA-VANデータを利用しての分析は、お金を払うだけで誰でもできます。
同じデータでソフト一つで誰でも出来るということは、多くの人が同じ結論に辿り着きやすいことを意味しています。多くの人が参加するフィールドでは、自ずとオッズが下がり勝ちにくい環境で馬券を買うことになります。しかし多くの人は、その環境から抜け出す術がなくジリジリと負けていくのです。勝ちやすい環境を構築するには、必ず一般人にはないアドバンテージが必要になります。神算鬼謀は、質的データという明確なアドバンテージを持っているからこそ勝算のある予想が可能なのです。

なぜ穴狙いなのか

本命買いより穴狙いの方がアドバンテージを生かせるため、結果的に勝つ可能性が高いからです。
また、情報配信をしている身でもあり、オッズが下がることを考慮すれば穴狙いでないと成果が上がらないことも理由の一つです。穴馬の好走範囲は、人気馬と比べると狭いですが、リスク以上にオッズがつくので、特定できる術がある神算鬼謀にとって美味しい領域となるのです。

公開日:
最終更新日:2016/11/29