Warning: getimagesize(http://www.keibasite.com/wordpress/wp-content/uploads/wakatta.gif): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/gozen/www/keibasite/wordpress/wp-content/themes/affinger3/twitter-card.php on line 44

競馬で負ける要因は分かったフリにある

      2017/02/23

wakatta分からないことを知ろうとする姿勢は素晴らしいことです。人が見過ごした点に気付ければ大きな利益を生むことにもなります。

いかに気付くかが競馬の勝敗を分けると言っても過言ではありません。しかし、分からないのに“分かったフリ”するのは大変危険なことです。

競馬情報の考え方
http://www.keibasite.com/rd005/

競馬に絶対の評価軸が存在しない以上、分かることは多くありません。競走馬をランク付けするレイティングでさえ感覚的でアテに出来ない世界です。

それなのに、調教やパドックで知ったかぶりをしてしまうのはなぜでしょう。こんなことを知らないのは恥ずかしいと考えてしまうからです。無知と見られたくない矮小な自尊心が分かったフリをさせるのです。

競馬を知らなければ無茶はしないため大損することはありません。大損する時というのは、分ったふりをしたり、知っているフリをした時の方が多いのです。実際は何も分かってないのですから当然の結末と言えるでしょう。

経験を積んだ熟練馬券師は知らないことを恥ずかしいとは考えません。自分の判断を信じており、知らないレースなら手を出さなければいい。それだけで済む話だからです。

分かる所で勝負するのが基本であり、全てを見通せると考えるのは競馬を甘く見ている証拠です。分かったフリをする人は総じて認識が甘い傾向にあり、失敗して自分を責めはしても、反省をしません。反省をしない人は、同じ過ちを繰り返していくことになるため負け続けていくことになります。

百害あって一利なしの分かったフリは今すぐ止めるべきです。

高度分析データを無料配信中

takaraduka2016年1月の軸馬Bは、的中率56% 回収率144%達成
独自の競馬理論を元にデータ分析を行っているkeibasite.com
その結果、今までにない8年プラスを実現してきました。

1月の無料軸馬配信では、的中率50% 回収率140%を記録。
確かな分析データを元に予想すれば回収率は自然と上向きます。

30秒で登録するか、それとも時間とお金を無駄にし続けるか。
それは、あなたの手に委ねられている。

メールアドレス *

登録解除

登録内容が正しければチェックして下さい。

よくある質問はこちら

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬理論