第60回ラジオNIKKEI賞の穴馬はフルアクセル全開

      2017/06/14

競走馬エージェントをご存知でしょうか。騎乗馬を手配するトラックマンもエージェントと呼びますがこちらは馬主に良い馬を引き合わせるために存在します。彼らは独自の研究によりいま流行の走る馬体と血統考察から安定して走る馬を見出します。ハズレを引かなくなれば相対的に資金回収率が良くなるのは自明の理だからです。

彼らは推奨した5頭に1頭の割合でオープン馬を見抜くことができる。そんな芸当ができる人は彼らぐらいしか存在しません。彼らの選んだ馬は賞金を持って帰ることが多く安定して走ることで知られています。実際にウェブ上で紹介した馬がG1馬になったときは驚きました。そこであわててコンタクトを取ったことを思い出します。

この考え方は馬券にも応用することができます。買うべきレースを選べるメリットをフル活用するのです。自分に有利な得意とするレースだけに集中することができれば収益率が高まることで回収率が改善されていく。このように効果のある戦略を手に入れることで競馬で勝つことは現実味を帯びてくるのです。

ラジオNIKKEI賞

◎04.フルアクセル

前走で負かした相手が土曜に昇級戦を勝利。
道悪で巧拙の差を考えると着差以上の完勝といえる。
中山コースが微妙も底を見せていない点で魅力十分。

○02.カフナ

3走前の1800m通過が1:46.7と評価できるもの。
単純比較ならトップの持ち時計で好勝負と見る。

×3,5,7,10,13

ラジオNIKKEI賞分析

カフナ
コンパクトにまとまった造りで安定感が感じられる。
キビキビ動けるので上手く立ち回れる器用さがある。
馬体診断:★★★★☆

ショウナンパルフェ
前傾姿勢で未だ力が入りきれていないが筋肉の張り感は上々。
馬体診断:★★★☆☆

フルアクセル
まだトモに甘さが残っており力が入りきれていない。
カン性が強く暑い時期は消耗度合いが心配。
馬体診断:★★★☆☆

フレールジャック
まだ子供っぽさは抜けないが、柔らか味あふれる姿勢に好感が持てる。
ディープインパクト産駒にしては筋肉量のバランスがいい。
馬体診断:★★★★☆

プランスデトワール
まだ緩さを残すが綺麗なアウトラインで素質を感じさせる。
この牝系特有の硬さがあり本格化は古馬になってからだろう。
馬体診断:★★★★☆

マイネルラクリマ
外観からは特に良さが伝わってこないが毎回これで走っている。
ツヤのある皮膚感から暑さは気にしなくて良さそうだ。
馬体診断:★★★☆☆

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2011