第59回ラジオNIKKEI賞のガルボで祝杯を

      2017/05/24

ラジオNIKKEI賞

小回りコースで重要になるのは立ち回り方である。前が止まらないことが基本なため先行して押し切るタイプの方が馬券的には信頼が置ける。そのため差し馬は先行馬よりも割り引いて考えるのがセオリーとなっている。中央場所では少し足りなくても先行できる馬には注目しておく必要がある。

こうしたデータ傾向をもとに好走馬を特定していくのが投資競馬の基本となる。ここに枠順や天候といったあらゆるファクターから検証していくことで、このレースにおける序列が明らかになっていく。スローペースの競馬になったいま強い馬が勝つという方程式は崩れている。少し能力が足りない馬でも勝つチャンスはあると考えなければ高配当の馬券を当てることはできない。

◎04.ガルボ

近2走は不振だが外枠とイレ込みの悪条件が重なった事が大きい。
器用な馬で小回りで内枠を引いた今回は見直したい一戦。
唯一の重賞馬と地力は高くイレ込み対策が功を奏せば一変の余地がある。

○09.トゥザグローリー

前走は早めの競馬で見せ場を作った。
ハミを噛み気負った走りから気難しさが見えるだけに距離短縮で折り合いたい。
バテない脚を生かした早めの競馬なら崩れない。

▲08.クォークスター

自在性のある馬で走るコースを問わず。
終いは確実なだけに小回りでも差し込める。

△13

×1,14,15,16

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2010