第62回クイーンステークス出走馬を事前チェック

      2017/02/23

札幌競馬場の芝1800mで行われる重賞レースのクイーンステークスをチェックしていきます。

クイーンステークス出走馬分析

出走予定馬も含まれています。

ディアデラマドレ

母ディアデラノビアはG1レースを勝てなかったが素質を引き継ぎ期待がかかるキングカメハメハ産駒。ふわっとした体形的にバネ感が強く良馬場の方が斬れる脚を使える。開催の進んだ洋芝だと微妙も開幕2週目の馬場なら対応できるだろう。まだ細く見える感じもあり一回り成長できれば更に良くなってきそうだ。
仕上がり:★★★★☆ 

スマートレイアー

体ができてくるにつれ背腰がしっかりしてきたディープインパクト産駒で晩生の傾向がかいまみえる。馬体は柔らか味があり仕上がりは問題ない。ただ、腰に甘さを残しているぶんスタートが安定していない。そういった所が改善してくればG1制覇も視野に入ってくる。今回は小回りコースの札幌競馬場だけに発馬が死角と言える。
仕上がり:★★★★☆ 

ケイアイエレガント

屈強な筋肉を持つキングカメハメハ牝馬にしては四肢が頑強で力感の強いタイプ。そういった点から見ると洋芝自体は向いた馬場と言えるだろう。大きな馬格を感じさせないスカッとした仕上がりで久々でも走れる仕上がりとなっている。メンタル面の強化がさらなる本格化の気配がただよう。
仕上がり:★★★★☆ 

アロマティコ

着実な成長をとげてきたキングカメハメハ産駒で良い頃と比べると何か物足りなさを感じる馬体。決して悪くはないのだが今一つ心身ともに噛み合っていない印象を受ける。前走は能力だけで勝った感じもあり、ここでダメなようなら立て直しが必要だろう。
仕上がり:★★★☆☆ 

オツウ

ワンペースなところがあるハーツクライ産駒で芝向きの馬体だけに芝レースで連勝してきたのは当然のこと。ダートを使いつつ後躯が強化されたことで持ち前の勝負根性を発揮できるようになった。馬体は完成したと思えるだけに重賞で好勝負になっても可笑しくない。
仕上がり:★★★★☆ 

マコトブリジャール

小柄なキングカメハメハ産駒400kg台と小柄だが筋肉に優れたストームキャット系にブライアンズタイムの肌のおかげで非力感は感じない。ふっくらしつつもメリハリの利いた馬体で細化の心配はなさそうだ。しっかりした体感から坂コースを苦にすることはない。
仕上がり:★★★★☆ 

キャトルフィーユ

芯の通った体つきをしているディープインパクト産駒。無駄肉のつかない馬で仕上がりは早く鉄砲でも問題ない馬。デビューから20kg以上も体重が増えて本格化してきた。毛づやも良く心身ともに充実しており重賞制覇も期待できるデキにある。少しワンペースなところがあるだけに早めの仕掛けが好走のカギうぃ握っている。
仕上がり:★★★★☆ 

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2014