クイーンステークス2017予想まとめ

   

2017年のクイーンステークス予想で役立つポイントをまとめてみました。

小~中波乱のレース

上位人気には大きな差は見られないことから6番人気あたりまで軸馬として好走が望める馬を見つけたいところ。

近年の札幌競馬場では2ケタ人気の出番はないものの手広く買っておくことで高配当を期待する手もある。

7~8枠はやや割引

昨年は、8枠から7番人気のメイショウスザンナが穴をあけたが10頭と少頭数だったことに注意したい。

直線が短い小回りコースだけに開幕週なら内=中枠を重視するのがセオリーと言えるだろう。

6歳以上の好走率は低い

基本的に3~5歳馬が好走の中心を担っており高齢馬の出番は多くない。

ただ、最近は競走寿命が伸びてきていることからトレンドが変わっていくことは十分に考えられる。

洋芝コースの実績

パワーが必要とされる洋芝は実績のある馬に有利となることが多い。

北海道開催(札幌、函館)で活躍したことがある馬は評価しておくのが無難か。

クイーンS2017ラップ分析

クイーンSは2015年のレースラップがベースモデルに近い。

2016年のように序盤に大きくペースが緩むと後半ロングスパート戦になるパターンは最近よく見られるトレンドでもある。

だいたい3F~6Fあたりで息を入れて後半に備えていくものと考えておきたい。

2014年のようなスタートから消耗戦になるケースもある。

このようなハイペースは考えにくいことからモデルケースからは除外していい。

この点からクイーンSの狙い馬は好位差しタイプから組み立てていくことがセオリーとなる。

2012年の出遅れて2着に突っ込んできた穴をあけたラブフールのような馬もいるが事例は多くない。

この馬は小倉など小回りコースでの追い込み実績があった。

あまり重視できるタイプではないがヒモに加えておけば配当アップにつながることがある。

クイーンステークス2017予想オッズ

1 	アドマイヤリード 	2.6
2 	アエロリット 		3.1
3 	マキシマムドパリ 	5.9
4 	クインズミラーグロ 	9.8
5 	トーセンビクトリー 	11.8
6 	パールコード 		12.1
7 	ヤマカツグレース 	13.4
8 	クロコスミア 		14.8
9 	シャルール 		30.0
10 	ノットフォーマル 	88.9

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2017 , ,