競馬・株式・FX投資で損する9割の人に共通していること

   

競馬と株・FXはシステムが違うのに9割の人が損をだしています。この奇妙な一致が意味することは何なのでしょうか。

私は【感情的な理由】によるものという結論に行き着きました。誰しも経験があると思いますが、人間は初対面の人を印象だけでこういう人だとレッテルを貼っていきます。

そうすることで記憶を整理していく習性が人間に備わっている。それは競馬予想で無意識ながら大きな影響を与えることになります。

実はデータを見ているのではなく過去の自分が作り上げたイメージを元に予想していることに気づきました。

こういうイメージ予想だけでは勝てる見込みはありません。しかし、予想した気になっている人は気づかず延々と負け馬券を買い続けることになります。

株を買う時もイメージが良いからという理由だけで買う人は結構いるのではないでしょうか。

そう、人間は論理的な判断に慣れていないのです。日常生活でしていることと言えば「アレは好き、コレは嫌い」といった感情的な判断ばかり。

それを投資にもちこんだらどうなるのか。もう好き嫌いだけでなく気分が良い悪いという理由だけ取引してしまう。

もし思いがけもしなかった株価の暴落があったらどうなるか?すぐに取り返そうとするのが一般的な人間の行動になります。

そこには何の戦略もなければ勝算もないのだから勝ち目はないのですが人間は損を嫌う生き物なのでストップをかけることができません。

このような行動原理で勝てる人もいるでしょう。しかし、それは運によるもので実力ではないため再現は期待できない。

よくFXは50%の確率で勝てる取引だからと言われてましたが、それを鵜呑みにした人たちは例外なく退場していきました。高速で値が上下するFXはレバレッジが高ければ高いほど一瞬のブレで全財産が消滅することになります。

投資で勝ちたければ感情をコントロールすること

人間の感情は論理を飛び越えていくためカンタンに負けてしまう。ほとんどの人は、実力勝負にもなってない所で負けているという自覚を持つべきです。

なぜ一部の稼げる人間がでてくるのか。それは、こうして感情的にカンタンに負けてくれる人たちが大勢いるからなのです。

私も感情的な人間でしたのでコントロールするのはラクにはいきません。

インターネットをやっていると感情が高ぶることが多いため、4年前からネットの時間を大幅に削るようにしています。

そして、負の感情をプラスにすることも心がけてきました。競馬は負けてから本番と思えるようになっただけで心持ちが違ってくる。

投資の8割はつまらない結果と付き合うことになります。これが原因で投資をやめる人たちは結構いたりする。

こういう人たちは信念が現実ばなれしていることが多く詐欺にあいやすく騙されやすい。

たとえば、インサイダー情報を知らなければ投資で勝つことはできない。こう思い込んでいる人がいたら赤信号ですよ。

このコントロールこそが投資の醍醐味なのですが理解できないと共感できないですよね。

大きな成果をもたらすのは残された2割ですが、どうしたらもたらされるか考えることも同時にやると成績が見違えてくる。

競馬予想が上手くても感情的な人なら馬券で負けます。そういう人は金額を落とすと復活する傾向がある。

こんなにも結果に干渉してくる感情とどう付き合っていくのか。そこから始めることで正しい投資をしていくことができるようになります。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 投資競馬