オーシャンステークス2018予想データまとめ

      2017/10/11

オーシャンSを予想オッズとデータ傾向をもとに分析していきます。

予想オッズ1番人気はFastnet Rock産駒メラグラーナ。重馬場で行われた重賞レースの京阪杯では惨敗と馬場に泣いたが、シルクロードS2着のセイウンコウセイとは自己条件レースで互角の走りを見せており重賞レースで好走できる能力は持ち合わせている。2戦2勝の中山競馬場の芝1200mな点もポイントが高い。

2番人気はダイワメジャー産駒ナックビーナス。昨年の札幌開催から月1回出走するローテーションを守りつつオープン2勝と着実に実績を積み上げてきた。重賞レースでは3戦して最高5着と壁に苦しんでいるものの低調な短距離路線なら支持されるのは納得がいく。

オーシャンS予想オッズ

1	メラグラーナ		2.7
2	ナックビーナス		4.0
3	ブレイブスマッシュ	6.0
4	クリスマス		7.8
5	スノードラゴン		8.3
6	レッドアリオン		14.1
7	バクシンテイオー	14.4
8	アースソニック		19.3
9	トウショウピスト	35.0
10	ウインムート		38.0
11	コスモドーム		42.0
12	オメガヴェンデッタ	62.1
13	ラインハート		104.3
14	ブレイズアトレイル	181.4
15	マイネルエテルネル	185.1
16	ペイシャフェリス	226.8

オーシャンS2017出走予定馬

オーシャンSの有力馬をチェックしていきます。

メラグラーナ

極めて荒れた重馬場となった京阪杯では見せ場ばく14着と沈んだ。そのレース以外ではスプリント路線に変更してから堅調な走りを見せており良馬場なら最も勢いのある馬と言えるのかもしれない。父はデインヒル系のFastnet Rockという外国産馬。スピードで押し切るタイプではなく瞬発力を生かす差し馬で活躍しているのは面白い。底が分かりづらいものの手薄なハンデキャップレースだけに好走のチャンスは十分ありそうに思える。

クリスマス

2連勝で函館2歳Sを制したあと自己条件にまで格下げになり再びオープン級に戻ってきた経歴の持ち主。極悪馬場だった京阪杯は見せ場なしもスプリント重賞レースでは函館競馬場を中心に好走している。前走は久々に逃げたものの前半3ハロンタイムは33.2秒とオープンにしては早めになり4着に留まった。悲観する内容ではなく差す競馬もできる自在性はオーシャンSでは武器になることは間違いない。凱旋門賞を制した父バゴからスプリンターがでたのは興味ぶかいところ。

オーシャンS2017データ傾向

2016年のオーシャンSは、前半3ハロンタイム32.7秒ながら終いは鈍っていないレースだった。

よほど馬場のデキが良かったということなのだろう。2014年に馬場をいじくりまわしているので速めのタイムがでるのかもしれない。

2017年も馬場が良ければ前半が速くても消耗戦にはならんのだろう。もう、何というジャイアント馬場!

逃げは残るし差しも決まるということで、ある意味では公平な馬場とはいえるのかもしれない。ただ、馬券的には偏りがある方が狙いやすい。

リピーター傾向があるレースで前年度の好走馬が出走していたらマークしておくべし。

オーシャンS2017予想見解

低調なスプリント路線からデータ分析からみても強調するほどのデータは見つからなかった。

まずは、しっかりと力関係を把握できるかが馬券的中のカギとなりそう。短距離戦はゴチャついているだけにヒモ解くのはラクな作業ではない。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2018 , ,