オークス(優駿牝馬)2011穴馬ねらいは無謀なのか

      2017/06/07

2011年のオークス(優駿牝馬)予想でガツンと買いたい穴馬を公開しておく。

競馬は強さという指標では計れなくなってきました。その証拠にオッズが割れることは当たり前で軸馬から手広く流す馬券が一般的になっていると感じています。これは狙って獲る馬券の難しさがダイレクトに反映された結果だと私は考えました。このような時代にどう競馬で勝てばいいのでしょうか。

私はオッズをやりくりして儲けを出すのは完璧に邪道だと考えています。なぜなら、それはオッズの歪みが起きていなければ絶対にできないことだからです。3連単が新設された当初は買われる目とそうでない目にわかれたため合算してプラスになる投資法が幅を利かせました。これは大なり小なり有能な馬券師なら利用していたことで競馬税金裁判だけが特殊な例ではありません。

◎10.デルマドゥルガー

前走を見る限り1600mは忙しく感じられた。
1200mで使いだしてきたが血統自体はステイヤー色が強い。
馬体も短距離向きと思えず距離が伸びるのはプラスと見る。
2走前にホエールキャプチャから0.2秒差とオッズほど差は感じない。

○12.ホエールキャプチャ

どの条件でもソツなくこなす万能タイプ。
ガラッと条件が変わっても大崩れはしないと見る。

▲01.ハブルバブル

前走は不利があったものの伸びそうで伸びなかった。
距離短縮した2戦の凡走から距離延長はプラスだろう。

消09.マルセリーナ

人気の割りに死角も同居し割りに合わず消して妙味。

×2,3,16,17

オークス分析

アカンサス
フジキセキ産駒にしては、胴長で四肢が長く映る。
繋ぎが長すぎるぶん重馬場は合わずパンパンの馬場向きだろう。
馬体診断:★★★★

エリンコート
頭が高く窮屈さのある体形から先々はマイル前後が合いそう。
特に何かがいいとは感じないもののタフそうな体つき。
馬体診断:★★★

グルヴェイグ
流れるアウトラインが綺麗で流石の良血馬という雰囲気。
まだトモや背中がピリッとせず本格化はこれからだろう。
馬体診断:★★★

ハブルバブル
減っていた体が戻ったようではガッチリとしていて力強い。
ただ、前回より急激に良くなったという印象はない。
馬体診断:★★★

バウンシーチューン
小柄な体でも大きく見せていてデキ落ちはない。
バネで走る典型的なステイゴールド産駒で馬場は問わない。
馬体診断:★★★

ホエールキャプチャ
芦毛というのもあり基本的に良く見せないタイプ。
細くなった感じはなく引き続き好調キープと見ていい。
馬体診断:★★★

マイネイサベル
競馬ぶりとは裏腹に馬体は完成の域に達している。
気力十分の目つきでやる気が感じられるのは良い傾向だ。
馬体診断:★★★★

マイネソルシエール
ロージズインメイ産駒らしく硬めの体つき。
それだけに良馬場よりは重馬場の方が合っている。
馬体診断:★★★

マルセリーナ
ゴツゴツしていて見映えしないが体躯の柔軟性は非凡。
どこでも走れそうな雰囲気はあるが体つきだけ見るとマイラー寄り。
馬体診断:★★★

メデタシ
芯のしっかりした体つきで良くも悪くもブレが少ない。
粘りのある動きをするのでダートでも走れそうなタイプ。
馬体診断:★★★★

相馬師:マキバオー

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2011