オークス(優駿牝馬)2010万馬券がでやすい理由

      2017/05/25

2010年のオークス(優駿牝馬)予想は、例年に比べて波乱の要素を含んでいる。荒れておかしくないレースだけに積極的に万馬券を狙っていく。

競馬予想の難しさは8割を占めるデータ分析に集約されます。競馬のデータ分析は考えうる全てのファクターを利用します。天候や枠順・馬場状態といったお馴染みのものから関係者の思惑というものまで利用していく。そうでなければ正しくレースを分析できたことにはなりません。あなたはどういう意図で馬券を買っていますか?本命狙いという情報がなければ、あなたの馬券力を正しく評価できないのと同じなのです。

こうした複雑なデータ分析をこなしても回収率が劇的に向上することはありません。いや、100%を越えていない人なら劇的に向上します。失礼しました。ずっと競馬で勝ち続けてきたので勝っていることを前提に話すところでした。それでも安定して110%の利回りを出せるため投資競馬としては十分という見方もある。

しかし、私としては圧倒的に強い馬券法を構築したいと考えています。そのために必要なのは既存の手法から抜けだしたところにある独自手法を構築できるか。それが成功のカギを握っていると考えています。競馬の参加者にプロはいないからこそ圧倒的に勝てるだけの実力を身につけることは可能なはず。

◎11.ブルーミングアレー

この馬のベストパフォーマンスを発揮したレースは4走前。
時計の掛かる馬場でエイシンフラッシュと時計差なしの2着だった。
その後、勝ち馬は馬場の渋ったG1で2着以下と差のない3着に入っている。
その経緯を見れば同馬にも時計が掛かれる雨馬場なら一発の余地はあると見る。

○04.ショウリュウムーン

桜花賞では進路取りに手間取ったが鋭い伸び脚を見せていた。
距離伸びてプラスとは思えないものの、3歳牝馬同士なら折り合い1つだろう。
叩き合う形よりもタメて爆発力を生かす競馬が合うように思う。

▲06.オウケンサクラ

×1,3,15,18

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2010