第51回 新潟記念3歳馬の動向

      2017/02/23

新潟記念は、新潟競馬場の外回り芝2000mで行われるハンデキャップ重賞レース。ここから始動する馬は少ないため夏に使われてきた馬たちで争うことが多い。ここまでにレースを使い倒してきた余力のない馬も混じることから波乱が起きやすい。こういったレースでは堅軸となる馬を探せるかがキーになるレースと言える。7年の公開予想でプラスにしてきた理論で中心視できる馬を特定していきたい。

2015年の新潟記念は、アヴニールマルシェとミュゼスルタン3歳馬が2頭出走を予定している。秋競馬には3歳限定のセントライト記念があるため、この時期での出走は多くない。過去10年で3頭出走しているが馬券に絡むことはできなかった。3歳馬は不要なのかを考察していきたい。

3歳馬の好走なし

過去10年で馬券圏内に好走した3歳馬はいないことから厳しい戦いが予想される。1番好走率が高いのは5歳馬である点から見ても競走馬として成熟した古馬に分がある傾向が見てとれる。

7歳馬を見ても活躍するケースが多いことから完成度で劣る3歳馬は馬券には不要と考えて良いのかも知れない。予想オッズを見ると人気になっていることからバッサリと切れれば配当的な妙味もありそうだ。過去データの傾向から見れば切って妙味を得るのが馬券戦術のセオリーと言えそうだ。

なぜ、ここまでパッとしないのか不思議なところである。この時期に走るような3歳馬のレベルが高くないという理由があるにしても買い材料がないのは疑問なところだ。

3歳馬が人気になる理由

新潟競馬場や東京競馬場といった左回りを中心に実績を挙げてきことが一番の理由だろう。G1レースであるNHKマイルカップでも3着と4着に好走している点も大きい。過去データでは不要でも競走馬を見ていくと好走する可能性は決して低くないように見える。

こういった点から中心視できなくても馬券の末席には加えておくのが無難だろう。割り切って絞り込むのなら切って妙味を得るのも1つの手だ。どちらも古馬初対戦であり、2000mも初距離となるだけに未知の要素が多い。

外郭データでは、NHKマイルカップ13着のヤマカツエースが函館記念で3着、札幌記念で4着と十分通用する可能性を提示している。このあたりも参考にして最終的に買うか決めるべきだろう。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2015