新潟記念2017予想まとめ

   

夏競馬も終わりに近づいてきています。

例年よりピンとこないレース結果が多く全体レベルの低下を感じました。

走る種牡馬に種付けが集中する内国産の時代では似たような血統構成が多く能力差がつきません。

内国産が保護され外国産馬を輸入していた時代より着差がつかないため予想力だけに頼るべきではないと考えてきました。

確かなレースではオッズがつかないため、さらなる妙味を求めるならオッズから価値を見出せるかがカギになります。

ずっと着差が縮まってきたことから戦略・戦術といった投資の考え方はこれからスタンダードになるでしょう。

インターネットで誰でもデータや映像を見て予想できる時代ですから、それ以外の得意分野で勝負していく必要があります。

もう強さという軸だけで結論をだせる時代ではなく、どの馬が恵まれそうなのかをデータ分析を通して考えていきたいところです。

新潟記念の予想オッズ

1	アストラエンブレム	2.9
2	マイネルフロスト	6.2
3	トーセンバジル		6.3
4	ルミナスウォリアー	6.7
5	ロイカバード		9.0
6	タツゴウゲキ		11.2
7	ソールインパクト	12.9
8	ウインガナドル		15.7
9	ハッピーモーメント	22.2
10	ラストインパクト	27.4
11	ロッカフラベイビー	31.7
12	カフジプリンス		35.2
13	フルーキー		44.3
14	スピリッツミノル	85.1
15	マイネルスフェーン	105.1
16	トルークマクト		177.3
17	シャドウウィザード	227.7

新潟記念データ傾向

新潟記念のデータ傾向を予想に役立てよう!

上がり1位の馬が強い

べらぼうに直線が長い新潟競馬場の外回りコースなので前走の上がり3ハロン時計が1位の馬には注目しておきたいですね。

この新潟競馬場で脚をフルに生かせる馬がどれなのか意識しましょう。

ディープインパクト産駒が強い

ここ3年はディープインパクト産駒が勝利しています。

好走血統から見てもサンデーサイレンス系が好走の中心を占めてきました。

ディープインパクト産駒の狙い方はレースラップ比較の項目に書いてあります。

外枠を狙え

脚を余す心配がないことからスムーズに加速できる外枠が有利になる数少ないコースになります。

あまり内でゴチャついてしまうよりも思い切りよく外にだして加速できる外枠を狙おう!

新潟記念レースラップ比較

2016年は例年より持続力が必要な流れになったことから追いこみ馬が脚を余すことなく上位にきました。

ここ3年はレースの上がりタイムが35秒台だったことから追いこみ優位でしたが、それより速い34秒台になると先行が残り始めます。

ディープインパクト産駒が3年連続の勝利できたのは上がりタイムが遅くなったことと見事にリンクしていることに注目してください。

基本混戦のレースですから展開1つで入着順が変わるレースと見ておくべきでしょう。

今年はレース中盤が緩みそうな気配があることから先行~中団あたりで競馬できそうな馬が狙い所だと考えています。

ほかに誰も気付いていない穴馬の狙いポイントもあるのですが、それは会員限定でご報告したいと思います。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2017 , ,