根岸ステークス2018予想データまとめ

      2017/09/29

根岸S2018予想オッズやデータ分析をもとに好走馬を検討していきます。

予想オッズ1番人気は混戦模様で見えてきません。堅実さで見るとタールタンですが9歳馬のタピット産駒と上がり目は期待しづらい。それでも昨年の根岸Sで好時計の2着ですから馬券には入れておきたい馬ですね。

上昇度で見ていくと外国産馬ベストマッチョが面白いですね。

最近では、同じMacho uno Macho uno産駒のダノンレジェンドJBCスプリントを勝利する活躍を見せています。

父はアメリカ血統のヒムヤー系とニッチ血統なので日本では久々に見た感じがします。昔の活躍馬で言えば追い込み一閃で根岸Sを勝利したブロードアピールやフェブラリーSを勝ったノボトゥルーが有名でしょう。

ベストウォーリアやモーニンなどダート活躍馬を所有うする馬場幸夫氏の秘蔵っ子で人気しても可笑しくありません。

ダート界では外国産馬の活躍が目立ってきました。芝馬との乖離が進む今では当然の結果と言えるのかも知れません。

根岸Sデータ傾向

東京競馬場のダート1400mらしく瞬発力が求められるレースになりやすいことが1つの特徴と言えるでしょう。

2015年のように重馬場になるとスピードの持続能力が問われることになりそうですね。

テンこそ厳しいものの道中は息が入りやすいものの直線が長いせいか逃げ馬は残りづらい傾向があります。

過去のデータ分析から妙味が高いオッズゾーンは4~5番人気で過小評価を受けている馬には注目したいですね。

とにかく関西馬が強いレース。京都・阪神・中京競馬場とダート1400m戦が多く用意されていることから関東馬より経験値が高いのでしょう。

特に阪神競馬場のダート1400m実績のある馬は好走率が高い傾向にあるため注目しておく必要があります。

ただし、騎手には関係ないため関西馬に騎乗している関東騎手を軽視することのないようにしてください。

フェブラリーSへの叩きレースは東海Sもあるため、ここを勝ちに来た適性馬を狙い撃つことが馬券的中のポイントになります。

2017年は、底が見えない上がり馬も多いことからポテンシャル評価もあわせて分析していきたいですね。

予想オッズ

掲載までおまちください

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2018 , ,