中山牝馬ステークス2018予想データまとめ

      2017/10/11

中山牝馬Sの予想オッズとデータ傾向をもとに分析していきます。

予想オッズ1番人気はハーツクライ産駒マジックタイム。前走ターコイズSでは人気に応える末脚を披露し力の違いを見せ付けている。気になるハンデキャップも斤量56kgならセービングライフ。ここでは負けないと思ってもアッサリ負けてしまうのがナウ競馬トレンド。いくらでも死角は存在する現代に鉄板思考はアダとなるか!?

2番人気ヴィクトワールピサ産駒パールコード。500kgを超す大柄牝馬らしく走りもどっしり安定感がある。善戦ウーマンの宿命と言える下手に好走してしまいハンデつけられるパターンで取りこぼしが続くこともありデータの前詰まりに注意しておきたい。意外と成長鈍化な印象もあるが父ヴィクトワールピサから受け継いだ中山競馬場コース適性は無視できない。

3番人気はディープインパクト産駒ビッシュ。前哨戦の紫苑Sを楽勝し順調に思えたが秋華賞では末脚にキレはなく見せ場なしという謎の敗戦を喫している。つづくジャパンカップの惨敗ぶりを見るとメンタル的に萎縮してしまっているのではないだろうか。現代っこらしく気が向かないとポンポン負ける地力のなさでは一流にはなれないがG3レベルなら間に合う馬。

中山牝馬S2017予想オッズ

1	マジックタイム		2.5
2	パールコード		3.7
3	ビッシュ		4.6
4	トーセンビクトリー	11.2
5	デニムアンドルビー	12.8
6	シャルール		13.4
7	クインズミラーグロ	15.1
8	フロンテアクイーン	15.5
9	ウキヨノカゼ		37.3
10	ヒルノマテーラ		57.9
11	サンソヴール		62.0
12	プリメラアスール	69.2
13	ウインリバティ		132.0
14	メイショウマンボ	143.0
15	ハピネスダンサー	185.6
16	リーサルウェポン	254.2

中山牝馬S2017予想見解

見渡すかぎり低調なメンバーが揃っておりトップハンデでもマジックタイムの地力に期待したくなる一戦と言えよう。

最近の重賞レースでは、地力のないG1馬が増え人気を背負ってアッサリ飛ぶことも少なくない。1頭軸に絞らず買い目ごとの可能性を検討していく方が効率は上がりそうだ。

どの馬が強いかという視点よりもチャンスが含まれる馬の組み合わせに注目したい。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2018