神戸新聞杯2017予想データまとめ

   

一般的な競馬予想の定義はかなり曖昧で幅広く使われています。

私は、データ分析8割、資金管理(マネーマネジメント)が2割と定義するようになりました。

データ分析でやることは競走能力の序列を明らかにすること。

あらゆる情報やファクターを通し指定レース条件において正しい序列を決めていく。

かなり大変ですが、ここでプラス収支になれば残り2割の資金管理で収益を伸ばしやすくなります。

多大な時間と研究費用がかかる前者を私が担当し、買い目の決定を含む資金管理を利用者にやってもらうことを投資競馬として明確にしました。

一般的な競馬ファンはどちらも一人でこなすためラインが曖昧かつ中途半端な作業になるため収支が伸びていかない。

プラスならデータ分析だけでいいと思われがちなのですが、それ以上の可能性を手にできる環境があれば挑戦していくべきだというのが私の考えです。

なぜなら投資で稼いでいる人を見れば見るほど自分の能力を生かすことが絶対的な条件だと気づいたから。

自分の能力を生かさないなんてもったいないんですよ。

特に競馬では能力を出し切る前に負けている人がほとんど。

自分の可能性を追求したい人は私が構築した投資競馬の試してくれればと思います。

何もやりたくない完全にラクしたいんだという人は予想屋を利用すればいいでしょう。

そのためにも神戸新聞杯の予想に役立つをまとめていくことにします。

実績馬で順当に決まる

2400m施行となった07年以降で勝った穴馬は7番人気イコピコのみと実績馬が活躍するレースとなっている。

10番人気以下から3着に入った馬はおらず極端な穴馬狙いは返って効率を悪くしてしまう。

まず馬券の軸馬には人気の実績馬から入るのが馬券的中へのセオリーと言えそうだ。

休み明けの馬を狙え

人気馬が好走するレースらしく中9週以上で好走する割合が多い傾向が見られる。

夏に使ってきた馬と休み明けの馬なら後者の方がチャンスはあると言えるのかも知れない。

ただ、実績馬のデータ傾向という点から穴馬については敏感になる必要はなさそうに思える。

神戸新聞杯2016予想まとめ

きちんと実績馬が好走するレースということが明らかになっているだけに無理な穴狙いは返って効率が悪そうだ。

特に人気が集中するサトノダイヤモンドをあれこれするよりも軸にして少点数で馬券的中を目指したい。

馬券を当てるだけなら簡単そうなレースだが、しっかりと利益を作るためには穴馬の見当をつけておきたいところ。

今年の3歳馬はレベルが高いだけにガチガチな配当で決着する可能性も考慮しておくべきだろう。

神戸新聞杯レースラップ分析

神戸新聞杯は、7ハロン目からゆっくりと加速していくのが例年のパターンになっています。

そしてラスト4ハロンでグッと加速し始めゴールを目指して走っていくイメージ。

セントライト記念と比べるとジリジリと負荷が掛かるため競走馬への圧も大きいのでしょう。

菊花賞のトライアルとしては神戸新聞杯組が断然好走しているのも分かりますね。

本番に向けてスピードとスタミナ、そして持久力・加速力とバランス良く問われる条件と言えます。

神戸新聞杯の予想オッズ

1	レイデオロ		2.1
2	キセキ			3.8
3	サトノアーサー		6.3
4	ダンビュライト		6.7
5	カデナ			11.3
6	ベストアプローチ	12.8
7	マイスタイル		13.6
8	アドマイヤウイナー	42.9
9	アダムバローズ		57.0
10	ホウオウドリーム	149.1
11	タガノシャルドネ	185.3

神戸新聞杯の有力馬診断

5頭に1頭のオープン馬を馬主に紹介してきた競走馬エージェントが状態をチェックします

レイデオロ

休み明けからというレースでもないため少し余裕残しではあるが成長分も含まれている。

神戸新聞杯からジャパンカップという異色のローテーションをどう見るか。

実績的には軽視できないものの少し勘ぐると勝負度合いは低いのかもしれない。

キセキ

夏に2連勝で重賞レースに挑戦してくる上り馬タイプ。

順調に使われてきておりダメージは感じられず良いデキで出走できそう。

春のひ弱さが抜けつつあるものの、もう一段成長する余地は残されている。

サトノアーサー

全体的にゆったりと構えるようになり心身ともに大人びてきた。

どうしても差し馬に育てたい感じを受けるが今の感じなら位置を取る競馬で見てみたい。

ディープインパクト産駒でG1レースを2勝した馬には器用さがありましたから。

神戸新聞杯の予想見解

ここに向けてどうなのかというタイプが多く混戦要素も少なからずありそう。

とは言え、新味のあるメンバー構成でもないことから大波乱までは考えにくいところ。

セントライト記念のような決着も考えつつ穴目の可能性を考慮していきたいですね。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2017 , ,