第57回 京成杯オータムハンデキャップはコスモセンサーを狙い撃ち

      2017/09/21

競馬は現実的な視点で見れば負けが多くて当たり前です。

それほど控除率の威力はスゴイのですが実績を管理しなければ体感しにくいでしょう。

本命馬券はしっかりと本線で的中しないと利益にならないことが多い。

ただでさえそうなのに何も考えずに穴馬まで毎回流しては長期的にはどうでしょうか。

うまくいけば良いですが確率的に見れば堅い決着になるため損益の方が上回るはずです。

中山11 京成杯オータムハンデキャップ

◎02.コスモセンサー

冬馬と言われてきたが、気温の高かった前走G1で
3着と結果を出した。好枠なら馬券になって然るべき。

○012.エーシンリターンズ

いまいち掴めない馬だが、夏場は合っている印象で安定感のある先行力は魅力。

×1,3,8,11,14

中山10 セプテンバーS

◎16.ボストンエンペラー

淡々と走る馬でキレはないがしぶとく伸びる。
坂下から走れる中山は2戦2回2着と相性の良さが光る。

○11.ダンスファンタジア

追い込み一辺倒がどうかも最後の差し脚は自己条件なら上位。
乗り方一つで圧倒して可笑しくない馬だ。

×4,6,10,13

京成杯オータムハンデ分析

エーシンリターンズ

細く見せがちな馬だが、この馬なりに体を大きく見せて充実している。
再度の輸送にも十分耐えられそうだ。
評価:A ふっくら

コスモセンサー

この馬からすると少しスッキリとした体つきだが雰囲気は悪くない。
極端に馬体重が減ってこなければ及第点と言えそう。
評価:B 水準級

ゼロス

春と変わらない外観から幼さが残るが仕上がりは悪くない。
迫力不足だが体つき自体は安定している。
評価:B 成長余地あり

マイネルロブスト

余計な脂肪がなく、それでいて柔らかい立ち姿は惚れ惚れする。
皮膚感も申し分なく、走る気力が伴っていれば侮れない。
評価:A 仕上がった

レインボーペガサス

500kgの体が一回り小さく映るくらい筋肉量が物足りない。
皮膚感は悪くないので体調自体は良さそうではあるが・・・
評価:C こじんまり

レオアクティブ

もともと成熟度の高いタイプだが、首に力がついたことで姿勢が良くなった。
ピカピカの毛づやから今がピークと言わんばかりのデキにある。
評価:S パーフェクト

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2012