第6回キーンランドカップはガルボで勝負にでる

      2017/06/14

短距離は低レベルになりやすい傾向にあります。それはクラシックを中心とした生産が多い弊害とも言われており名馬といわれる馬は頻繁にはでてきません。そうしたこともあり短距離は波乱の様相になっていることから配当の妙味が見込めることは確かです。

しかし、その反面オッズが割れ易く展開による影響で着順が決まることから難易度の割りにオッズが安いと感じることも少なくありません。また、競走馬の能力序列が見通せないことも少なくないことから慎重な予想が求められてきます。あまり馬券相性が良くなければ無理せず軽視してもいでしょう。

キーンランドカップ

◎01.ガルボ

1200mは初めてもスプリント資質を問われた3走前の
重賞で2着。後に勝ち馬は、1200mのG1で2着に
好走しているハイレベルな一戦であった。外枠で脚を
使うと味がない馬で1枠は天運の好枠。初戦から狙い。

○08.カレンチャン

外を回して勝ったの前走は着差以上の完勝劇。
完全に軌道に乗った感があり勢いには逆らえない。

▲15.ジョーカプチーノ

時々ポカをやらかす感はあるが56kgは恵みの斤量。
走ればスプリント戦なら流れは関係ない。

△10

キーンランドカップ分析

アンシェルブルー
非常に安定感のある馬体。良い状態を保っているという意味で平行線。
馬体診断:★★★★☆

カレンチャン
捌きが硬めなので洋芝は向いている様子。キ甲から見て成長の余地はまだある。
馬体診断:★★★★☆

ジョーカプチーノ
太め感のないアウトラインだが、背中に力が入りきっていないぶん立ち姿が緩く映る。
馬体診断:★★★☆☆

パドトロワ
太めがちに映るが、この馬にしてはスッキリした丸みのあるアウトラインで好印象。
馬体診断:★★★★☆

ビービーガルダン
仕上がり早で見た目はいつも通り。
馬体診断:★★★★☆

レジェトウショウ
キングヘイロー産駒は、総じてトモが甘いものの成長と共に気にならなくなる。
まだ甘さを残すが、柔らか味のある立ち姿で調子は良い。
馬体診断:★★★☆☆

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2011