アイビスサマーダッシュ2017予想まとめ

      2017/07/30

2017年のアイビスサマーダッシュ予想で役立つポイントをまとめてみました。

穴馬が勝ちやすい

ここ3年は1番人気が勝っているが、7番人気以下から勝ち馬がでており人気馬が有利とは言えない。

基本的には、どの馬にもチャンスがある荒れやすいレースと見ておくべきだろう。

外枠が有利

以前から言われている通り7~8枠の成績が有利な傾向がデータでも確認できる。

競走馬は意外とフラフラ走っていることが多く、外ラチを走れる馬はまっすぐ走りやすいぶん時計も短縮しやすい。

7~8枠に入っただけでアドバンテージがあるだけにヒモなら無条件に入れておいても損はなさそうだ。

夏は牝馬は強い

夏は牝馬がよく走ると言われるが、このレースでもあてはまっており単回収率で見ると圧倒している。

馬券の頭に据えるなら牝馬の中から狙うのが正解に近いと言えるだろう。

重い斤量は割引

重量別定レースなのに57~58kgのデータは良くないことから斤量の影響は大きいと言える。

この点から見ても斤量が軽い牝馬が有利な傾向が裏付けられており納得がいく。斤量の恩恵が大きい3歳馬も注意したい。

ちなみに牝馬の斤量限界は55kgであり、それ以上になるとアドバンテージはなくなると考えたい。

若い馬が有利

最近は高齢馬の活躍が目立つが、アイビスSDで好走率が高いのは4歳、次いで3歳といった若い馬たちで、5歳から上は年齢を重ねるにつれて好走率はダウンしている。

サンデーサイレンス系は苦戦

いまだサンデーサイレンス系の勝ち星はなく、2015年のシンボリディスコ2着が最高着順となっている。

視野を広げて牝系で見ていくと2頭の優勝馬がいるが、やはり多いとは言えない頭数だろう。

SS系の影響が全くない馬から狙うのも面白い買い方を言えそうだ。

アイビスサマーダッシュ2017ラップ分析

近年は53秒台の決着はなく54.1~54.3秒で推移している。

近年スプリンターのスピード限界値がこのあたりだと考えるべきだろう。

このラップを見て分かる通り3ハロン目で小息を入れてゴールを目指して走っていく。

この素早く一息つけるレースセンスが1000m戦の好走を握るカギと言えそうだ。

こういった点から1000m実績馬は素直に評価しておくのが無難であり奇をてらわない方が良い。

2013年の勝利馬ハクサンムーンは、3歳53kで初挑戦しスピード任せに逃げたがゴール直前に捕まり4着に終わっている。

天性のスピードだけでなく操縦性能も備わっていないと逃げ切ることはできないレースと考えておきたい。

アイビスSD2017予想オッズ

1	フィドゥーシア		2.5
2	ネロ			2.9
3	アクティブミノル	6.8
4	レッドラウダ		12.6
5	プレイズエターナル	12.9
6	シンボリディスコ	14.1
7	ラインスピリット	16.3
8	レジーナフォルテ	19.2
9	レヴァンテライオン	25.2
10	ラインミーティア	36.6

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2017 , ,