ホープフルステークス2017予想

      2017/09/28

ホープフルSは、2歳G1レースに昇格しました。朝日杯フューチュリティSとの違いは距離にあります。

ホープフルSでは2000mの中距離、朝日杯フューチュリティSでは芝1600mの短距離と路線が分かれることになります。近年ではクラシックを重視する馬たちはマイルを使わない風潮があるため、その流れをくんで新設されたのだと思います。一説によると社台・ノーザンファームから強烈なプッシュがあったという話も見かけました。

ただ、やはり2歳馬のレースになるため2つもG1レースがあると手薄になるのではという危惧も聞こえてきます。逆に明確な目標ができたことで生産者も仕上がりの早い馬を重視するのは間違いないでしょう。そうなれば競走馬のレベルもアップしていくため数年後には心配なくメンバーが集まるようになるのかも知れません。

ポコポコとG1レースが作ることで売上アップを狙うJRAの思惑が透けて見えますが質が伴ってないと逆効果になりかねない。ただ、開催するだけでなくG1レースにふさわしい雰囲気づくりも重視して欲しいと思います。

安田記念でGl馬の仲間入りを果たし、競馬界の表舞台へ登場したバンブーメモリーだったが、Gl制覇を果たしたとはいえあまりに突然の勝利だった彼は、言葉は悪いが「一発屋」の雰囲気をぷんぷんと漂わせていた。人気薄でのハイペースを利した追い込みという勝利の内容も、「フロック」というイメージに拍車をかけた。

 しかし、バンブーメモリーの登場は一発屋であっても、その後の戦績は一発屋ではない。安田記念を勝った後のバンブーメモリーは、その後松永昌博騎手を鞍上として宝塚記念(Gl)、高松宮杯(Gll)に出走し、それぞれ8番人気での5着、4番人気での2着と人気を上回る着順を確保し、安田記念がフロックではないことを示した。本質的にマイラーであるバンブーメモリーにとって、2200mの宝塚記念や2000mの高松宮杯は、いずれも適距離を超えているはずである。それでも掲示板を外さない好走を見せたことは、完成期を迎えつつあるバンブーメモリーの充実ぶりを物語っていた。

 高松宮杯の後、しばらく休養をとったバンブーメモリーの秋のローテーションは、当初「ひとつ叩いて天皇賞・秋(Gl)へ向かう」とされた。だが、調整の遅れでステップレースを使えなかったことから、武師はバンブーメモリーの目標をマイルCS(Gl)に切り替え、天皇賞・秋と同日に京都競馬場で行われるスワンS(Gll) が秋の始動戦に決まった。

 マイルCSのステップレースであるスワンSには、安田記念で1番人気に支持されたホクトヘリオス(3着)をはじめとする短距離界のライバルたちが集結した。だが、1番人気に支持されたバンブーメモリーは、大衆の支持に応えて鋭い末脚を繰り出し、3馬身半差の差し切り勝ちを演じた。こうしてバンブーメモリーは、マイルGl春秋連覇に向けて順調なスタートを切ったのである。

 同じ日の東京競馬場では天皇賞・秋(Gl)が行われ、デビュー当初のバンブーメモリーに騎乗していた武豊騎手がスーパークリークとともに宿敵オグリキャップを下し、見事優勝している。バンブーメモリーがスワンSを勝ったことについて、武師はレース後に

「東京に行かなくて良かった。(天皇賞・秋で勝ってしまって)豊に怒られてたかもしれん」

と人を食ったコメントを出しているが、そのコメントは、単なるユーモアだけでなく、マイルGl春秋連覇に向けて順調なスタートを切ったことへの自信の表れでもあった。

 マイルCSでのバンブーメモリーは、安田記念とは違って大本命として本番を迎えるはずだった。当時のマイル界は、一流馬の層が薄かった。前年のマイルCSの覇者サッカーボーイは復帰を果たせぬまま引退を決め、安田記念の出走馬にGl馬はただ1頭だったという状況をそのまま引き継ぐ状況の中で、違うのはバンブーメモリー自身の成長だけともいえる。鞍上には久々に武豊騎手を復帰させ、出走馬たちの中で唯一のGl馬という実績、そして近走での安定性・・・それらは、名実揃った真のマイル王に恥じぬものだった。少なくとも、武師をはじめとするバンブーメモリー陣営の人々が、マイルGl春秋連覇に王手をかけたと思っても、なんら驕りではなかったはずだった。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2017 , ,