阪急杯2018予想データまとめ

      2017/10/03

阪急杯を予想オッズとデータ傾向をもとに分析していきます。

予想オッズ1番人気はキンシャサノキセキ産駒シュウジ。前走の阪神カップでは出が悪く中団からの競馬になったもののケガの功名で脚がたまったことで最後は今までにない末脚を発揮しての勝利。新しい一面を見せたことで今後のレースでも差し脚を生かす競馬が多くなるだろうと予想できる。その点から1倍台の単勝オッズ支持を集めるのは納得がいくところで堅実な走りを見せてくれそうだ。

2番人気はフジキセキ産駒ロサギガンティア。過去の戦績から芝1400mがベターなのは明らか。スタートが安定しないこないぶんレースぶりがイメージしづらい点がネックになる。重賞レース2勝は、いずれもM.デムーロが手綱を取ってきただけに四位への乗り替わりは微妙なところだろう。

3番人気はFastnet Rock産駒ブラヴィッシモ。近走は冴えないものの阪神競馬場の芝1400mでは堅実な走りを見せてきた点が評価されている。昨年3着は好内容だっただけに適性の高さを生かせる条件ならリピート好走の線も捨てきれないところだ。

阪急杯2017予想オッズ

1 	シュウジ 		1.8
2 	ロサギガンティア 	4.0
3 	ブラヴィッシモ 		6.6
4 	ミッキーラブソング 	7.0
5 	ムーンクレスト 		14.9
6 	ヒルノデイバロー 	18.4
7 	テイエムタイホー 	25.6
8 	ダイシンサンダー 	41.9
9 	トーキングドラム 	42.8
10 	メドウラーク 		105.6
11 	ナガラオリオン	 	108.3
12 	ファインニードル 	136.5
13 	カオスモス 		244.4
14 	ヴァイサーリッター 	329.0

阪急杯2017データ傾向

阪急杯は芝1400mで行われる内回りということでスピードの持続力が試されるレース。まずラクなレースにならないことから高松宮記念へのステップレースとして一定の価値を有している。

基本的には上り3ハロンタイムの時計を要するが、2016年は馬場のデキが良かったせいか速いペースでも大きく減速することはなかった。

こうなると前が止まりにくいことから、2017年も馬場のデキには注目しておくとレースをイメージしやすくなる。

阪急杯は、前年好走馬によるリピート傾向があるかサンカルロが最多4回好走していることから合う馬にはトコトン相性がいいのだろう。

自己条件でも得意としている馬がいれば注目しておきたい。好走の中心は関西馬となっておりピンポイントで関東馬を狙っていくのは厳しそうだ。

阪急杯2017予想見解

開催時の馬場状態にもよるがスピード優位の馬を狙っていくのがセオリー。特に馬場状態が良好であれば先行勢を優位に考えていきたい。

とはいえ典型的なスプリンターよりもマイルまでこなせるタイプの方が好走が目立っている。1~2番人気どちらかは絡んでくることが多く人気馬の軸から穴馬へという馬券の買い方がベターだろう。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2018 , ,