函館記念2017予想まとめ

   

函館記念

2017年の函館記念も予想に必要な予想データをまとめてみました。

データの少ない北海道戦に加えてハンデキャップとくれば波乱の目は隠せない!

ひたすらに内枠を狙え

外枠が有利になるケースが少ない現代競馬では内枠狙いは基本となっている。

ただ、直線が短い小回りの函館競馬場では馬群から抜け出せない事故が起きやすくリスクを伴うことを忘れてはならない。

そのためか、JRAデータによると少し離れた4~6番の勝率が良いのは納得がいくところだろう。

芝の傷みが進みやすい洋芝コースなのに外差しが利かないのは馬場整備の技術が進歩しすぎたせいか。

重いハンデは不利ではない

負担重量が変わるハンデキャップレースは斤量が軽い馬に有利なレースである。

そう考えがちだが他のレースを見ても結構そんなことはなくデータとして対的な指標とは言えない。

あくまで実績中心で馬券を組み立てていくのが攻略セオリーと言えるだけに重視しすぎないように気を付けたい。

1番人気が不振

函館記念の勝ち馬は2~4番人気に集中しており1番人気はふるわないレースと言える。

荒れるレースらしく6~10番人気馬が2・3着馬に入るケースが多く見られ積極的に穴馬を狙っていきたいレース。

あまり堅い配当を狙うよりも思い切りよく中穴狙いでいく方が楽しめそうだ。

軸馬に向くのは4歳馬

4歳馬の複勝率が高いことから軸馬としての魅力がある。

7歳以上の高齢馬でも好走するケースが多く年齢だけで取捨を決めてしまわないようにしたい。

なぜだろうか6歳馬の好走率が悪く近年は連対馬もないことから不振の傾向がみられる。

函館記念2016予想

今年の4歳馬はバイガエシ1頭のみ出走を予定している。神戸新聞杯4着があるものの1600万級の身であり実績的には一枚劣る。

ただ、前走において今回と同じ2000mを5馬身差で圧勝しており、2歳から洋芝の実績が豊富なこともあり軽視はできない。

相手が一気に強化されるだけに軸馬としての安心感はないがデータ傾向で買うなら決め打ちで軸にするのもアリだろう。

高齢馬は、トーセンレーヴ、ファントムライト、ホッコーブレーヴ、マデイラの4頭と買いやすく3連系馬券ならヒモに加えておいても良さそうだ。

◎ネオリアリズム

まだ粗削りで気性が悪いもののハマれば頭でありそうなタイプ。もっと内枠が理想だったが洋芝2勝の内容が良く雨が残る馬場も良さそうな雰囲気。それなりに自滅の可能性もあるだけに高めだけ買うのもアリだろう。

△2、3、4、8、9

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2017