福島記念2017穴馬予想のデータ傾向

      2017/11/10

競馬で難しいことは予想ではない。自分だけに味方する優位性を見つけることだ。

投資の世界で成功する人たちに絶対共通することであり成功のために避けて通ることはできない。

それだけ稼ぎ方というのは幾つもの道が存在するということでもある。

自分だけの道を見つけられれば投資においてこれほど安泰なことはないだろう。

実は情報の創造というのは特別重要ではなかったりする。

なぜなら投資で稼ぐ人たちの手法自体は、よくあるものであることが多いからだ。

彼らが一般的な人と決定的に違うと言えるのは信念と考え方の方だろう。

一般的な人ほど投資には成功を約束する聖杯があるだろうと考える。

実際にあるかも知れない。しかし、そう考える人ほど見つけることができないジレンマにおちいってしまう。

そういう人は単純にこうすればいいというものだけを求めていることが多い。

しかし、実際には聖杯の生かし方があり、そこには少なからず時間を要して努力する必要があったりする。

ほとんどの人は、そこを信念で拒絶するので絶対に見つからないというわけだ。

そんな聖杯ならラクして稼がせてくれるはずだと思い込んでいるせいでチャンスを見逃すことになる。

投資は典型的な【ウサギとカメ】の世界である。ラクしたぶんだけ脱落する確率が上がっていく。

投資界の偉人ウォーレン・バフェットは尋常でない信念を持っている。

彼は倹約家で有名だが、なぜ富豪がそんなことをする必要があるのか。

それが彼の投資ロジックだからである。つまり、倹約だからこそ投資に必要なマインドが生まれてくるわけだ。

意識と生命は表裏一体であると論じる科学者がいる。

確かな現実を認識するために倹約する必要があるのではないだろうか。

彼がお金持ちのように振る舞うようになったら投資成績は急落することになるかもしれない。

福島記念のデータ傾向

1・2番人気の複勝率は良く3着以内への信頼度は高い。

その反対に2ケタ人気が勝つこともあり波乱と順当と両極端な傾向が出ている。

福島競馬場はコーナー4回の平坦小回りコースであり、距離ロスが少ない最内枠のメリットが大きい。

外目の6~8枠に入った馬の好走率は低い傾向があるようだ。

外枠の馬は直線勝負するような馬以外は割り引いて考えるべきかもしれない。

福島記念の予想見解

まずは人気で決着しそうなのか検討するのが馬券の買い方でも大切になる。

人気馬が強いレースであれば穴は無理して狙わない方が効率の面では良さそうだ。

小倉記念で快走を見せた良血馬サンマルティンが予想オッズ1番人気。

気性の悪さで出世が遅れたがセン馬で落ち着いてきたことで本格化の気配。

2番人気ウインブライトはエージェントのおすすめ出資馬ですでに重賞レースを勝っている。

いまのところ1800mに実績が集中しているだけに1ハロンの延長が課題と言えそうだ。

どうしても穴馬なら内枠から狙うべきか。良い馬がいれば無料配信でお知らせするかもしれない。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2017 , ,