第19回エルムステークスの出走馬から分かること

      2017/02/23

札幌競馬場のダート1700mで行われる重賞レースのエルムステークスをチェックしていきます。

エルムステークス出走馬分析

出走予定馬も含まれています。

ジェベルムーサ

ダートでは異色の存在と言える父がアグネスタキオンということもあってか、ダートを走る馬の割にトモが雄大で芝馬のよう。そのぶん前駆が薄めでテンに置かれやすい。そういった点から見ると小回りコースはやや忙しい感じがある。マクリ競馬をするなら小回りこそふさわしい舞台になる。
仕上がり:★★★★☆ 

グレープブランデー

マンハッタンカフェ産駒らしい厚みのある馬体の雰囲気は悪くないにも関わらず力を出せていない。東海ステークスでは過去最高体重の538kgだったが、今回はスッキリとしたアウトラインから絞れてくるのではないか。
仕上がり:★★★★☆ 

ソロル

ワンペースなところはあるもののシンボリクリスエス産駒らしい美しい筋肉に厚みが増したことでシンボリクリスエス産駒らしい迫力が増してきている。アウトラインはしっかりしており馬体重が減ってなくても問題はなさそうだ。
仕上がり:★★★★☆ 

エーシンモアオバー

息の長いマンハッタンカフェ産駒ながら衰えた印象は薄く今年も走れそうな気配。8歳になるが筋肉は凄みが感じられ衰えは感じられない。気性は丸くなってきたぶんパドックでは気合い乗りが欲しいところ。
仕上がり:★★★★☆ 

ローマンレジェンド

ダートで活躍し始めたスペシャルウィーク産駒。良い頃に比べると少しトモの筋肉が落ちているが前駆の筋肉は見事で力の出せる仕上がりで臨めそう。今年初の出走となるが太目感はなく体調は問題なさそうだ。
仕上がり:★★★☆☆ 

ブライトライン

いかにも短距離体形のフジキセキ産駒らしく体は太め感なく仕上がっているが、フェブラリーステークスと比べると緩く感じられる。ただ、気で走るタイプだけに前向きさがあれば割り引く必要はない。
仕上がり:★★★☆☆ 

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2014