東京競馬場コースデータ

東京競馬場の距離と脚質データ

芝1400m

スタートして60mすると緩やかな上りになり、350mほどすると3コーナーとなるため、ペースが落ち着き易い。

他場と比べるとテンから競り合っていく様なケースは少ない傾向にある。直線が長いためか、余力を残したまま直線の追い比べになるため、上がりの脚が問われる競馬になる。

>> 東京競馬場の芝1400mデータ

有利な枠 有利な脚質 狙いのポイント
内?中枠 × 上がり時計

芝1600m

東京芝1600mデータ

スタートから250m地点までは下りが続き、3コーナーまで約550mほどの直線のため、自然とペースが上がる。

3コーナー手前でいったん坂を登るが、再度下りの状態でコーナーに突入するため息を抜けず、直線に入った直後はインコースで馬群が密集しやすい。

マイル戦としては、日本一タフなコースとされ、逃げ切るのは至難の業。短距離馬より中距離馬の方が適正が合うことが多く、単調なスピード馬ではごまかしが利かない。

上級クラスになるほど断然差しが決まるようになってくる。特に古馬重賞ともなると「差し」の割合が50%を超えてくる。

最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。仮柵によるコース設定はA、B、C、Dの4パターン。3mごとに幅員が異なる。例年、Dコースは1~2月に使用され、芝内側部分を保護している。

>> 東京競馬場の芝1600mデータ

有利な枠 有利な脚質 狙いのポイント
なし × 中距離馬

芝1800m

東京芝1800mデータ

1?2コーナーの間にあるポケットからスタートする。スタート地点から2コーナーまでが150mと近いためペースは落ち着きやすい。

内枠を引くと距離ロスは少ないが、馬群が内に寄るため多頭数になると不利を受けやすい傾向にある。大外枠は必然的に外を回され距離のロスがあるため相当不利となるので気をつけたい。

ハイペースになるケースが少ないため、速い上がり時計のある馬に注目。また、騎手の位置取りが重要となるため、位置を取りに行かない消極的な騎手を買わない手もある。逆に積極的な外国人騎手にはマークをしておきたい。

>> 東京競馬場の芝1800mデータ

有利な枠 有利な脚質 狙いのポイント
内枠 × 上がり時計

芝2000m

東京芝2000mデータ

1コーナー奥のポケットからスタート。約100m進んだところに大きなカーブがある。2コーナーまでの距離が短いため、外枠を引いた逃げ・先行馬は内が譲らない限りすんなり内に入れない。

逆に内枠の差し・追い込み馬は、馬群がゴチャつき易くいかにスムーズに競馬できるかがカギ。

直線に入れば力の勝負となるため、道中の攻防が重要となる。ペースや展開により結果が変わりやすいコースでもあるため、天皇賞(秋)では波乱となるケースがある。

>> 東京競馬場の芝2000mデータ

有利な枠 有利な脚質 狙いのポイント
内枠 × 距離適正

芝2400m

最初の1コーナーまでの距離は十分にあるため、枠順の有利・不利はほとんどなく、能力を発揮しやすいコースとなっている。

逃げ馬が揃わないか限り、基本的にはスローで流れる傾向にある。逃げ、追い込みなど極端な脚質には適さず、勝つ為にはある程度のポジションが必要になる。好走には騎手の腕も重要である。

>> 東京競馬場の芝2400mデータ

有利な枠 有利な脚質 狙いのポイント
なし × × 位置取り

芝2300m

スタート地点は正面スタンド前直線の真ん中あたり。最初の1コーナーまでの距離は約250m(Aコース時)。1コーナーから2コーナーにかけてはほぼ平坦。約450mある長いバックストレッチを通り、3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。東京競馬場全体の高低差は2.7mある。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。仮柵によるコース設定はA、B、C、Dの4パターン。3mごとに幅員が異なる。例年、Dコースは1~2月に使用され、芝内側部分を保護している。

>> 東京競馬場の芝2300mデータ

芝2500m

スタート地点は正面スタンド前左の直線坂下。芝2400mのスタート地点より100m左側へ移動しただけだが、坂下からのスタート。ゴールまでに2度の坂超えが必要となる。最初の1コーナーまでの距離は約450m(Aコース時)。1コーナーから2コーナーにかけてはほぼ平坦。約450mある長いバックストレッチを通り、3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。東京競馬場全体の高低差は2.7mある。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。

>> 東京競馬場の芝2500mデータ

芝3400m

スタート地点は向正面直線の真ん中付近。最初の3コーナーまでの距離は約250m。1周目のホームストレッチは約560m。1~2コーナーを通り、バックストレッチは約450m。二度目の3~4コーナー(下り坂)を通過。最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。東京競馬場全体の高低差は2.7mある。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。
仮柵によるコース設定はA、B、C、Dの4パターン(3mごとに幅員が異なる)あるが、ダイヤモンドSでのみ使用される特殊なコース。近年、同レースはDコースで行われている。

>> 東京競馬場の芝3400mデータ

ダ1300m

3コーナーまでの距離は約340m。スタート後、80mほどで上りにかかるため極端なハイペースにはならない。

割と逃げ馬でも頑張れるコースで短距離馬の活躍が目立つ。差し馬は上がり時計に注目したい。

>> 東京競馬場ダート1300mデータ

有利な枠 有利な脚質 狙いのポイント
なし × 上がり時計

ダ1400m

東京ダ1400mデータ

1300mのスタートから100m下がったところがスタート。3コーナーまでは442mあるが、1300mより下りの直線距離が長いのでペースは上がる傾向にある。

3?4コーナーでもペースは緩まず、スタートから600mにかけて速くなるのがこのコースの特徴である。単調な短距離馬よりは、長めの距離を走ってきて一つ足りないスピード馬を狙うのがセオリー。

1600m~1800mから距離を短縮してきた逃げや先行馬に注目してみると予想に役立つかも知れない。

>> 東京競馬場ダート1400mデータ

有利な枠 有利な脚質 狙いのポイント
内?中枠 × 距離適正

ダ1600m

東京ダ1600mデータ

2コーナー奥の芝のポケットスタート。ダートの本線までに芝を走る距離は内が約150m、外が約180mある。外枠の先行馬は、芝を走れる距離が長いため多少有利とされる。

逆に外枠の差し・追い込み馬は、外を回り続けるため、ロスの大きい競馬となり不利というのが一般的な見方となっている。

基本的には逃げ・先行が有利だけに、差して勝ち上がった馬は注目しておきたい。

>> 東京競馬場ダート1600mデータ

有利な枠 有利な脚質 狙いのポイント
内?外枠 × 外枠先行、内枠差し

ダ2100m

東京ダ2100mデータ

1コーナーまでは236mしかなく、スタート直後の先行争いは激しくなりがちで、多頭数の大外枠を引いた場合は不利となる。1?2コーナー中間から緩い下りとなり、速いまま向う正面まで行くとハイペースになる。

逆にここで落ち着くと緩い流れのまま直線を迎えるので前が残りやすくなる。

前半のペースは、下級クラスほど緩みがちで基本的には逃げ・先行が有利。こちらも差して勝ち上がってきた馬に注目しておきたい。

>> 東京競馬場ダート2100mデータ

有利な枠 有利な脚質 狙いのポイント
内枠 タフさ

ダ2400m

スタート地点は正面スタンド前の直線入り口からのスタート。最初の1コーナーまでの距離は約536m。1~2コーナーは平坦。向正面に入ると緩い上り坂。3~4コーナーもほぼ平坦。最後の直線距離は501.6mで、日本のダートコースで最長距離を誇る。途中、緩やかな上り坂があるのも特徴だ。

>> 東京競馬場ダート2400mデータ

 

東京競馬場の概要

東京競馬場のコースデータ図解入りで掲載しています。

コース 東京競馬場コース図
東京競馬場の詳細
G1レース 日本ダービー(東京優駿)|オークス(優駿牝馬)|天皇賞(秋)|ジャパンカップ|安田記念
NHKマイルカップ|ヴィクトリアマイル|フェブラリーステークス
G2レース 京王杯2歳ステークス|アルゼンチン共和国杯|毎日王冠|目黒記念|京王杯スプリングカップ
府中牝馬ステークス|青葉賞|フローラステークス
G3レース アルテミスステークス|東京スポーツ杯2歳ステークス|武蔵野ステークス|富士ステークス
エプソムカップ|ユニコーンステークス|クイーンカップ
ダイヤモンドステークス|共同通信杯|根岸ステークス|東京新聞杯

公開日:
最終更新日:2016/12/08