札幌・函館・福島・新潟・中京・小倉競馬場コースデータ

札幌・函館・福島・新潟・中京・小倉のローカル競馬場のコースデータをまとめてみました。

札幌競馬場の特徴

洋芝が使われていることが特徴的な直線が約270mしかない小回りコースとなっています。そのため、他より逃げ切りをよく目にするコースといます。中央競馬では夏競馬しか利用されることがないため中央開催が行われている時は使用することはありません。

札幌競馬場の4つのコーナーはそれぞれ半径が大きく、“緩やかで大きなカーブ”になっているのが特徴。すなわち、コースの全長のなかでコーナー部分の占める割合が多いため、必然的に直線部分が短くなっています。楕円形をしている一般的な競馬場より、札幌は「円形に近い」競馬場と言えるでしょう。

洋芝は傷みやすいことから走りにくくなるのが早く外差し馬場になることも珍しくありません。

札幌競馬場の各距離データ

芝1000m芝1200m芝1500m芝1800m芝2000m芝2600m
ダート1000mダート1700mダート2400m

函館競馬場の特徴

JRA全10場のなかでもっとも「直線の長さが短い競馬場」となっており、芝コースの場合、4コーナーからゴールラインまでの距離は約260mと札幌競馬場よりも短いのです。

コース設計は、函館競馬場のゴール板が他場より“4コーナー寄り”に設置されています。つまり、ゴール板から1コーナーまでの距離がゆったり採られているレイアウトのために、函館競馬場の直線は短くなっているというわけです。

函館コースのもうひとつの特徴は、“高低差がかなりある”ことです。3~4コーナー付近の最高地点と、2コーナー付近の最低地点を比較した高低差は、芝、ダートともに3.5m。これはローカル競馬場(札幌・函館・福島・新潟・中京・小倉)の中では最大(芝の3.5mは中京と並んで最大)の数値となっています。

これらの工夫により逃げ有利になりすぎずにエキサイティングな競馬になるように工夫されているのです。

函館競馬場の各距離データ

芝1000m芝1200m芝1800m芝2000m芝2600m
ダート1000mダート1700mダート2400m

新潟競馬場の特徴

日本最大2223mという1周距離(Aコース使用時)、658.7mという直線も、東京競馬場より130mも長くなっています。

この長い長い直線を騎手たちも意識するためか、外回りコースのレースでは序盤から中盤にかけてはゆったりとしたペースで流れ、直線の末脚比べに持ち込まれることがほとんど。

さらに外回りコースの場合、3コーナーから4コーナーにかけて高低差1.6mほどの下り勾配が設けられているため勢いがついて直線に向くことになります。このため、レースの上がりタイムは格段に速くなるのが常識となっています。

つまり、上がり3ハロンの時計が速くなるため、その価値は他場より割り引いて考える必要があります。

新潟競馬場の各距離データ

芝1000m芝1200m芝1400m芝1600m芝1800m
芝2000m芝2000m(外)芝2200m芝2400m
ダート1200mダート1800m

公開日: