チャンピオンズカップ2017穴馬予想のデータ傾向

   

いつのまにか今年も最後の月に突入。もう時間が足りない中あくせくしてきたので早く感じられる今日この頃。

特に2017年は、ここ10年で最も混戦具合が極まっていた印象。異様に雨も多かったのも影響してそうですが。そのぶんレアなデータを取ることができているので、これからのデータ分析に役立っていくことは間違いないでしょう。

1つのファクターが及ぼす影響が大きい時代。その中でデムーロやルメールといった外国人騎手が活躍することは必然なのかもしれません。

これから横並びの時代になっていくのか、それとも新たな変化の波が押し寄せてくるのか。どちらでも対応できる競馬理論をたずさえて満足のいく結果にチャレンジしていきたいと思います。

チャンピオンズCデータ傾向

チャンピオンズCのレースラップを見ていくと4ハロン過ぎからレースが動いていく消耗戦になりやすいことが分かります。

この点からスピードだけで乗り切ることが難しくスタミナを裏付ける2000m以上の距離実績が欲しいところ。中京競馬場に替わってからの勝ち馬は地方競馬を含めて2000m以上の重賞レース勝利実績がありました。

近年の傾向から左回りでのJRA重賞レース好走経験のある馬が上位を独占していることが分かりました。もちろんレースのグレードが高い方が良く着順も良いほど評価は高くなります。そういったレース条件を満たしている馬は上位人気では多いですがアウォーディーは地方競馬の実績なので割り引いて考える必要があります。

近2年ともに関西馬が勝っているのですが、2014年は関東馬の出走自体なかったことから関西馬が強いとは言い切れません。2015年は、関東馬が2~4着に入ってますし、今のところは互角と見ておくべきでしょう。チャンピオンズカップ予想データ傾向では、輸送のある関東馬にもチャンスはあると見ておきます。

チャンピオンズカップの好走血統という視点で見ていくとサンデーサイレンス系、ミスタープロスペクター系、デピュティミニスター系と綺麗に分かれており、この組み合わせの血統配合を多く持つ馬を重視するのも面白いかも知れません。

チャンピオンズカップ予想オッズ

1	テイエムジンソク	3.7
2	サウンドトゥルー	3.8
3	アウォーディー		5.9
4	ケイティブレイブ	7.7
5	ロンドンタウン		10.0
6	カフジテイク		10.8
7	ノンコノユメ		14.0
8	キングズガード		18.9
9	グレンツェント		21.2
10	コパノリッキー		21.6
11	アポロケンタッキー	22.9
12	ゴールドドリーム	32.9
13	ミツバ			51.2
14	モルトベーネ		135.7
15	ローズプリンスダム	139.9
16	メイショウスミトモ	244.7

チャンピオンズC予想見解

近年を見るとタフさが問われやすいためか実績馬であっても凡走するケースが目立ちます。そういった点から穴馬がでやすく、どの馬が恵まれるかを中心に考えていきたいレースですね。

今年のダート戦線は混迷の色を深めているので大波乱という可能性まで見込んでいいかもしれません。

しっかりと各ファクターを精査して根拠のある馬で勝負できればと思います。無料情報をお楽しみに!

無料配信で投資競馬を体験しよう!

無料競馬情報の詳細

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2017 , ,