第46回CBC賞はスズカコーズウェイで攻める

      2017/05/24

CBC賞

JRAにおける競馬予想は意図的に難しくしており、自分自身の能力だけでカンタンに勝てると思っている人を餌食にしている。よく考えてみて欲しい。なぜ10の競馬場に20の距離体系が必要なのだろうか。これはデータの蓄積を防ぐことでレース配当に波乱をもたらしたいという意図が隠されている。

なぜなら飛び抜けた高配当はメディアで報道されるため宣伝効果が大きいからだ。公営ギャンブルは、これだけ儲けた人はいますよなんてCMを打つことはできない。だからこそ、信じられないような高配当を生み出すロジックが必要だったというわけである。これは陰謀論でもなんでもなく広報の一環として妥当性を持っていることに気をつけて欲しい。

中央競馬は荒れやすいのなら本命馬券ばかり買うことは実は効率が良いとは言えないのだ。そこを無理して低オッズ高資金で買ってしまうとワンミスで取り返しのつかないことになってしまう。競馬は逆転のあるゲームだが破滅的な手法は存在するため、欲につられず自分に有利な戦略戦術を実行していける人間だけが勝者として生き残ることができる。

◎10.スズカコーズウェイ

滑る馬場は合わないが時計の掛かる馬場は勝ち星があり得意。
最終週の京都で雨が降っても滑る馬場になる心配はないだろう。
G1で有利とは言えなかった外差しで0.2秒差の6着なら能力上位は明白。

×2,3,7,9,14,15,18

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2010