青葉賞2018予想データまとめ

      2017/10/18

青葉賞の予想オッズとデータ傾向から好走馬をあぶりだします。

青葉賞は、東京競馬場の芝2400mで行われるダービートライアルレース。日本ダービーと同じ条件で行われることから本番に結び付くこともあるレースで見逃せません。

ただ、あまり強い馬が出走しないため直結するケースは多くない点に気を付けて欲しいと思います。

15.レッドレイヴン
かつての名門・藤沢和雄厩舎は、そうそうたる良血の管理に失敗して弟子の角居厩舎にお株を奪われた。
藤沢師が一人で管理しすぎて崩壊した点を反面教師とし、厩務員の裁量を増やすことで対応しトップ厩舎にのし上がった角居師のセンスが光る。
厩舎ゆかりの牝系ハッピートレイルズからコディーノが活躍し復活のイメージあるが、早めに使い出した以外はあまり変化してない点がいまいち弾けきれない印象を抱かせる。

母がグラスワンダーの全妹ということで、馬体の恰幅がいいのは牝系ゆずりなのだろう。
神経が良かったグラスワンダーとは違い、あまり俊敏には動けない印象があるだけに直線の長いコースがベストか。
東京スポーツ杯2歳ステークス2着以来の出走になるが、外厩でじっくり乗りこんできただけに仕上げは信じるしかないだろう。
折り合いに不安はなく、外から一気の脚で魅せた前走から一本かぶりの人気は頷ける。

17.ダービーフィズ
体は大分できてきたが、まだ精神面が幼く素質だけで走っている印象を受ける。
姉のアプリコットフィズは気性が悪かったが、こちらはズブいくらいで距離延長は問題なし。
ロスがあっても外を回した方が気持ちよく走れるので外枠はダービーフィズにとっては良い。
本格化は先だろうが、走る気になった時の末脚は間違いなく一級品だ。

指定穴馬

14.アウトオブシャドウ
視界を狭くするチークピーシーズ着用でガラリと変わった前走。
阪神競馬場Bコース替わりで馬場が良かったとは言え33秒の脚は圧巻だった。
同日にアドマイヤスピカが32.8秒の脚で勝ち上がったが、道中のペースを考えると狙う価値があるのはこちらだ。

最終決断

ワイド:14⇒【15、17】(各1000円)

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2018 , ,