愛知杯2018予想データまとめ

      2017/09/29

愛知杯2018予想オッズやデータ分析をもとに好走馬を検討していきます。

オッズが割れている通り混戦模様。その中で予想オッズ1番人気【3.9倍】がキングカメハメハ産駒のマキシマムドパリ。勝ちきれないもののG1レース秋華賞で3着がある通り混戦なら頼りたくなるのは当然か。昨年は4着と善戦ホースらしい成績で今年のメンバーなら安定感で上位に取りたい。その後いまいちな2着馬リーサルウェポンに先着されているのを見ると頭まではイメージしづらい。

2番人気【4.0倍】にゼンノロブロイ産駒シャルール。ここ2戦がノドの病気かというくらい見所がないレースが続いている。ヴィクトリアマイルでも大敗から立ち直ったことがある点からメンタル面の問題である可能性が高い。3連系なら無条件で馬券に入れておくのが無難だろう。

3番人気【5.6倍】はマンハッタンカフェ産駒ヒルノマテーラ。前走のチャレンジカップは牡馬混合で着順こそ悪いが0.4秒差に収まっており悲観する必要はない。G3レースなら見所のある競馬をしており人気も納得がいく。ただ、中京競馬場の芝1600mで2度1秒以上の負けがありコース適性にはやや疑問が残る。

愛知杯データ傾向

昨年から高速馬場へと変貌したあtめ2016年からガラリとラップの刻み方が変わっている。逃げ先行が粘りやすくなったことから騎手の前意識が強くなったことが原因だろう。

2017年の馬場も天気が良ければ高速になるだろうことから似たようなラップになる可能性は十分に考えられる。2回息を入れるという中距離ではあまり見られない所が特異な点と言えそうだ。

緩急がつきやすいラップということで○○○適性のある馬が上位を占めたように○○○好走組には今年も注目しておきたい。

ここはデータ分析の問題として面白いので伏字にしてみたので考えてみて欲しい。そう難しくもないので慣れた人ならすぐに分かるはずだ。

順調でない人気馬とハンデキャップの兼ね合いをどう考えるか難しいレースなので手広くが基本も絞りきれなければ強調できる買い目だけを狙う戦術もアリだろう。

予想オッズ

掲載までおまちください

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2018 , ,