新潟大賞典まとめ

      2017/11/05

2013年

2013年の新潟大賞典で狙いの穴馬と買い目を公開する!

2.ナカヤマナイト
58kgも実績は抜けており条件的にも問題はなく大崩れは考えにくい。
競走馬としては完成の域に入っており、それにふさわしいレースを見せて欲しいところ。

推定穴馬

10.アスカクリチャン
新潟コースの[4.0.3.1]と抜群の相性相性を誇っている。
近走はピリッとしないものの、新潟マイスターの血が騒ぐようなら。

11.パッションダンス
重賞でも見所ある競馬をしており何か一押しあれば馬券圏内という印象。
追ってしぶといのが身上だけにノビノビと走れる新潟コースが後押しになれば。

最終決断

ワイド:BOX(各1000円)

2012年

2012年の新潟記念で狙うべき激走穴馬を公開!

◎04.メイショウカンパク

坂下を利用した息の長い末脚が身上な馬。
3走前に同舞台で2着と能力は証明済み。
重馬場もこなして雨も対応できる。

○03.ダノンスパシーバ

雨馬場での快走を見ると時計は掛かる方がいい。
馬場悪化ほど好走チャンスは広がる。

▲13.ナリタクリスタル

斤量より流れに乗って先行できるかがカギ。
重賞2勝の新潟で軽視は禁物。

オッズの動きから穴馬を探る

昔からオッズの動きで穴馬を見つけようとする人たちがいました。

これは誰もが通る道で私も使っていたことがあります。

今ではリアルタイムにオッズが分かりますし、ターゲットで時系列オッズで見れば詳細がより分かってしまう時代。

そんな情報化社会だからこそチャンスは多いのですが残念ながら生かせている人は全く少ない。

インターネットの出馬表で予想しているだけなら旧来の古くさい手法から抜け切れていません。

あなたが馬柱を見て予想しなければならない決まりでもあるのでしょうか?

そんなに良い情報が含まれている?それは本当でしょうか。

私にはそう思えません。なぜなら負けている人はすべからく馬柱を利用しているからです。

これは競馬新聞を売るための手法であり、その名残で後世へと伝えようとしている。

この悪しき習慣を続ける限り競馬で勝つ道は開くことができないでしょう。

2009年

2009年の新潟大賞典で買って損しない穴馬と買い目を公開する。

新潟競馬場の芝2000mは外回りで行われる。日本最長の直線は末脚自慢の馬にとって日頃の鬱憤を晴らす場となっている。いかにも脚を余して負けていたタイプを強気に買っていくことで馬券回収率はみるみるうちに上向いていくはずだ。とはいえ、安定感を求めるなら追い込み一手よりも中団前後でレースを進めていける差しの方が良い。仕掛けどころが難しい先行馬は伸びあぐねることが多く見受けられるなど直線の長さが際立っている。

ただし、差し馬でも使える脚が短い馬では長い直線が有利に働くとは限らない。ペースによっては脚がたまらず末脚不発という事態がありえることを考慮しておきたい。そのためにもレース映像をじっくりみて競走馬のタイプをしっかりと把握しておこう!

◎01.ダイバーシティ

馬込みを気にしない馬でロスなく動ける内枠はプラスに働くはず。
近走でムラな面を出してきたのは気になるが、3歳重賞でも大崩れせずに走れている点は評価できる。ジャングルポケット産駒らしいスパッとした脚が使えるのが武器で、そのためにもスタートを出して中団につける競馬が理想。スタートで出遅れると好走プランが崩れるだけに上手くゲートを出ることを祈りたい。

○08.オペラブラーボ
▲03.ハイアーゲーム

ワイド:◎○3,000円 ◎▲2,000円

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - G3予想