共同通信杯まとめ

      2017/10/03

2016年

共同通信杯の予想オッズとデータ傾向から激走馬をあぶりだします。

西は圧巻の内容できさらぎ賞を制したサトノダイヤモンドで騒がれているが、東のディープインパクト産駒の大物と言えば手塚貴久厩舎が管理するハートレーだろう。クラシックで馴染みの薄い厩舎ということで一発屋という目で見られがちだが、わずか2戦目で圧倒的な才能を見せていたロードクエストやバティスティーニを一蹴した能力は大いに評価したい。

もっと時間がかかるタイプと思っていたが想像以上の成長ぶりで短時間で進化を遂げてきた。前走のホープフルSで騎乗したボウマンが「飛んでいた」と評したように器の大きい走りから東京競馬場の方がより良さが生きる。まだ奥を持っている馬だけにダービーロードをどう歩むのか楽しみでならない。

ただ、共同通信杯はスローペースになりやすいレースという点で死角も存在する。それは、2戦とも出遅れているようにスタートが遅いという点。このレースでも後方からレースを運ぶ可能性が高く荒削りな面を残している。このレースに出走する上がり32.9秒の瞬発力を持つスマートオーディンとの末脚くらべで勝てるのかも注目したいポイントだろう。

相手としては、やはり東京スポーツ杯2歳S(G3)で最後方から上がり32.9秒で差し切ったスマートオーディンが筆頭格。極端な追い込み脚質だがスローでも差し切れる抜群の末脚は共同通信杯でも強力な武器になる。ここでも末脚勝負にこだわる可能性が高いが同条件の重賞レースをすでに勝ち上がっている点は大きな強みと言えるだろう。

2013年

東京10 雲雀S

推奨軸馬

13.ハングリージャック
気を抜く面があり、ビッシリ追う外国人騎手はピッタリ。
まだノビシロがありそうなだけに昇級でも狙える。

推定穴馬

4、10、12

最終決断

ワイド:4-13(1000円)、10-13(1000円)、12-13(1000円)

小倉11 北九州市制50周年記念

推奨軸馬

8.ジョヴァンニ

推定穴馬

16.スターバリオン
能力はあるがクセが強い。障害のない大外で変わり身を期待。

最終決断

ワイド:8-16(1000円)

小倉12 紫川特別

推奨軸馬

なし

推定穴馬

15.キタサンエピソード
レース中の怪我などがあって順調にいかないが資質は高い。
スケールを見せつけた舞台で一変あれば頭まで。

最終決断

単勝:15(1000円)

共同通信杯 フォトパドック診断
評価尺度:良S?D悪

マンボネフュー

キングマンボなどを輩出した名牝ミエスクの牝系らしく、骨量と筋肉量が豊富なしっかりとした体つき。
背中が緩く、あまり速い脚は使えなさそうな印象。ダートの方が向くかも。

評価:A 順調

ケイアイチョウサン

ステイゴールド産駒らしく必要最低限の体つきも姿勢はしっかりして力強い。
骨格は小さいが筋肉の付きがしっかりしており力強さを感じさせる馬。

評価:A 完成度高い

ゴットフリート

窮屈な感じがなく緩く映るくらいゆったり構えた姿勢から距離は伸びた方が味がでてきそう。
トモと四肢の強さから、時計の掛かる馬場の方が相対的に良いかも知れない。

評価:B 水準級

ザラストロ

全体的に迫力がなく、もうピークが過ぎたのではと思うほどパッとしない。
トモはいまいちも胸前はガチッと決まってるのを見るとダートも悪くない印象。

評価:C 早熟か

2012年

相馬に定評のある元牧夫のマキバオーが、競馬ブックのフォトパドックを元に共同通信杯出走馬の馬体を評価します。
写真は一週間前のものなので悪い評価でも当日では良化している場合があるので参考程度に。

アーカイブ
ディープインパクト産駒らしくスッキリした無駄のない体つき。
完成度は高く使っての上積みは見込めない。
馬体診断:★★★★

コスモオオゾラ
硬めに映るのはロージスインメイ産駒の特徴と言える。
ガッチリした筋肉質な体形から時計の掛かる馬場がベスト。
馬体診断:★★★★

ゴールドシップ
芦毛で見映えしないタイプだが姿勢の柔らかさは伝わってくる。
早くから使われているが体つきは幼さを残している。
馬体診断:★★★

ジャングルクルーズ
ジャングルポケット産駒は筋肉の収縮力が強すぎる嫌いがあるが
同馬は柔らかさが伴っている。好バランスの外観から素質十分。
馬体診断:★★★★

ディープブリランテ
緩さを感じさせる姿勢で芯が入りきっていない。
そういう体形なのだろうが見映えは今一つな印象。
バブルガムフェローを輩出した牝系ということもあり重厚さ強調されているせいかも知れない。
バブルガムフェロー産駒は、筋肉質すぎて動きが硬い馬が多く芝の瞬発力に対応できなかった。
この馬も瞬発力よりは早めに動いていく持続力タイプと見ている。
馬体診断:★★★

レッドブレイゾン
馬格はあるが体つきは繊細で手先の軽さを感じさせる。
外観に不安はなく完成度で勝負していくタイプ。
馬体診断:★★★★

お金に執着するほど負ける理由

競馬はお金にうるさい人ほど負けるようにできています。

そういう人は的中率を重視してハズレないように馬券を買っていくことになる。

その馬券が本線ばかりで的中すれば良いが、本命馬券でもそうカンタンにはいきません。

そういう本命馬券は間違っても万馬券を獲ることはないので回収率は上がりにくい。

確かに良く当たるし配当も戻ってくることが多いでしょう。

しかし、長い目で見ていくと挽回のチャンスがゼロという馬券を買っていることが多いのです。

あまりに馬券的中を重視することで控除率を忘れてしまい収益性にまで目がいくことがない。

そのような人が馬券で勝てるわけないのです。

だからこそ長期戦略を用いて馬券を買うべきだと提唱しているのがkeibasite.comなのです。

2011年

◎10.ロビンフット

出遅れというよりズルさが出て行けなくなった印象を受ける。
流れに乗れてなくても終いは伸びていて内容は悪くない。
距離延長で中団あたりから競馬できれば前進が見込める。

○02.ナカヤマナイト

一通りの脚質を経験しつつ安定した走り。
折り合いに不安はあるが、センスは十分にある。

▲13.ディープサウンド

前走が極端に負けすぎなだけに返って度外視したい。
勝ち星のある条件に替われば見直せる。

×5,6,11,12

共同通信杯の回顧

1着はステイゴールド産駒ナカヤマナイト。後方からレースを進めると後方から上がり3ハロン時計を33秒台でまとめ鮮やかに差しきった。どちらかと言えば中山競馬場を得意とする血統傾向があるだけに皐月賞に向けて弾みのつく一戦となった。まだまだ良くなる余地を残した馬で皐月賞に向けて楽しみが広がった。騎手は、柴田 善臣。調教師は、二ノ宮 敬宇。

2着はネオユニヴァース産駒ユニバーサルバンク。道中は好位からレースを進め直線の脚色も衰えなかったが勝ち馬の決め手が一枚上手だった。重賞レースで能力のあるところを見せて今後に期待のもてるレースと言えるだろう。距離は伸びた方がいい血統から日本ダービーや菊花賞が楽しみになった。騎手は、F.ベリー。調教師は、松田 博資。

3着ディープインパクト産駒ディープサウンド。掛かり気味に逃げることになったが何とか折り合いをつけて3着に粘りこんだ。今後も気性面が課題となるものの素質の高さを示した一戦と言えるだろう。騎手は、蛯名 正義。調教師は、勢司 和浩。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - G3予想