フラワーカップまとめ

      2017/10/11

2016年

フラワーカップ2017予想オッズとデータ傾向かた好走馬をあぶりだします。

フラワーカップは、中山競馬場の芝1800mで行われる3歳牝馬限定G3重賞レースになります。あまりクラシックに結びつくことがないため軽視されがちな重賞レースですが、そのぶん高配当がでることもあり穴党にはおすすめのレースになります。

12.カラフルブラッサム
抜けた感じはしなくとも他が頼りないだけに。
現状1800mがピッタリな印象もあり好走を期待する。

推定穴馬

8.トーセンレディ
明らかに距離が短いマイルでも見所はあった馬。
距離延長はプラスで前に行ければしぶとい。

最終決断

ワイド:8-12(1000円)

2012年

2012年のフラワーカップは荒れる予感がヒシヒシとしている。ここは一発大きく勝つチャンスということで穴狙いに徹したい。

◎09.サンキューアスク

前走はペースが落ち着きすぎた。2走前は不利があり
3走前は着差なしの競馬。実質2勝馬級の力はある。
ハイペースの方がいいタイプで格上挑戦はプラス。

×4,6,7,8,14

払い戻し

複勝:710円

短期投資は才能、長期投資は努力で差がつく

株式投資の短期トレードで成功したBNF氏を見ていると生まれ持った資質でしか短期は稼げないとしみじみ思うのです。短期投資は才能をぶつけ消耗戦を仕掛けていくイメージが出来上がりました。あの人でどれだけ稼いでいるのか。圧倒的な才能でしか生き残れない世界であることを現していると言えるでしょう。

それなら堅実に長期投資を試みたほうがいいと思いませんか。わざわざ天才にぶつかっていく必要は感じません。投資競馬でもそのような天才がいるとするならば短期投資はするべきではないのです。私は投資で稼ぐ鉄則があるとすれば強者との戦いは避けることだと考えてきました。

なぜ長期投資だと稼げるようになるのか気になる人は多いと思います。これは会社が最終的な株価は実力が反映されるのと同じで競走馬もそういった傾向があるからです。しかし、寿命でいえば短いため長期と言っても1年以上で考える必要はないでしょう。その実力を見抜くために馬体や走りで素質を計算していくのです。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - G3予想