フィリーズレビューまとめ

      2017/10/12

2016年

桜花賞に直結するイメージのない2016年のフィリーズレビューは、やはり1400mを得意とする馬が集まってきた感がある。ここ限定で走るような適性に合う馬を狙っていくのが馬券戦術のセオリーと言えるだろう。

過去のレース配当を見ていくと1番人気が強いということはなく微妙な荒れ方をするレースでオッズも割れることが多い。特にこれといったデータ傾向もなく掴みどころのないレースと言えそうだ。

1400mの重賞レースを勝ったディープインパクト産駒キャンディバローズが人気の一角を占める。前走の阪神ジュベナイルフィリーズでマイルに対応できず名より実を取りにきたと言えそう。これから先を考えると休み明けでも仕上げてくることが予想される。

最も重い時期で412kgとかなりの小型馬だけに仕上がりに問題はない。気にすべきは坂のある阪神競馬場の適性で、2勝とも平坦コースで勝ってきたことから割り引いて考えておく必要がある。前走の阪神もあまり見所がないだけに判断が分かれるところだろう。

2番人気になりそうなのがキングカメハメハ産駒のアットザシーサイド。母ルミナスハーバーと同じく体を減らしつつも阪神ジュベナイルFで後方から5着と適応力のある所を見せてくれた。2連勝した距離に戻ることから安定感のあるレースぶりを見ると軸馬にふさわしいのはこちらか。

こちらも京都競馬場で2勝しているが馬格があり坂コースは不安なしと考えたい。死角があるとすれば馬体重が減って出走してきた時ぐらいだろう。

他にも色々と目ぼしい馬がいるがフルゲートになりそうなだけに枠順など考慮しつつ狙いを絞り込んでいくことになる。どの馬にも展開1つでチャンスがありそうなだけに穴馬を絞るのは大変な作業になりそうだ。

2015年

トライアルの中では一番格の高いG2レースながら1990年代以降は本番に直結しないレースとなっている。前週に本番と同じ条件で施行されるチューリップ賞があることも影響しているのだろう。

2014年には170万馬券が飛び出したように好配当が期待できるレース。牝馬王道のマイル路線では足りない馬から馬券になりそうな穴馬を見つけるのが面白いレースと言えそうだ。

2015年 フィリーズレビューの出走馬診断

ムーンエクスプレス

かなり小柄な部類に入る410kg程度の馬体ながら非力さはなくレースではしっかりとした脚が使える。よほど精神的にしっかりしたタイプなのだろう。とは言えパワー勝負では分は悪く良馬場でのレースがベスト。日曜は雨予報ということもあり天候がどうなるかで期待値が変わってくる。

小柄ながらフックラと見せて仕上がりに問題なし。馬体重は増えている方が好ましい。
仕上がり:★★★★☆ 

コートシャルマン

新馬と500万は1400mで連勝。マイルに距離を伸ばした重賞レース2戦はあっけない敗戦となった。特にフェアリーステークスではロスなく立ち回っての4着と底が見えた感もある。スピード色の強い血統と実績から得意距離だからといって過信できる馬ではないだろう。

レースを使い馬体重が減ってきているものの細い印象はない。大幅に減りでもしない限り問題はないと見る。
仕上がり:★★★★☆ 

クイーンズリング

前走の菜の花賞ではフェアリーステークスを上回る好内容で2連勝を収めている。勝ち時計の1:34.9や2着に0.3秒差をつける完勝劇で今回重賞レースでも人気になって可笑しくない馬だ。

馬体は成熟度が高く完成度で勝負していくタイプ。キレのあるアウトラインから末脚のキレに富んだ馬であることがうかがえる。馬場は良であることに越したことはないだろう。
仕上がり:★★★★☆ 

2013年

第47回フィリーズレビューは万馬券を演出する穴馬を明らかにしていく。
コース:阪神競馬場の芝1400m

推奨軸馬

12.サンブルエミューズ
折り合いに気を使わない1400mは合う。

推定穴馬

3,4,5,9

3.ノーブルコロネット
やや単調なレースぶりから距離短縮はプラス。
2勝級の能力はあり通用の余地は十分。

9.サマリーズ
ダートと言えど格上位であり血統的にも芝は問題なし。
まだ底を見せてはおらず狙い目十分。

最終決断

ワイド:9?12(1000円)、3?9(1000円)

フィリーズレビュー フォトパドック診断

評価尺度:良S?D悪

サウンドリアーナ

牝馬ながら付くべき筋肉がついてパワフルな短距離体形に変貌している。
アウトラインはキリッと締りがあって太め感なく仕上がった。
桜花賞より、このレースを確実に獲りにきた印象で手抜かりなし。

評価:A 完成体

メイショウマンボ

線が細いスラリとした体形から見るに距離を伸ばして良さが出るタイプ。
この時期でも肌つや良くデキの良さだけは伝わってくるが適正距離ではない。

評価:A 好調

サマリーズ

骨太の丈夫そうな骨格にガッツリついたパワーダート体形から芝は疑問。
雨で掘れるような馬場になれば脚力は無視できないがスピード勝負はどうか。

評価:A パワフル

サンブルエミューズ

艶のある皮膚感にムチっとした柔軟な筋肉がついて文句のないデキ。
姿勢の安定感も今まで一番良く狙い澄ましてきたかのような仕上がり。
気性が空回りしやすいダイワメジャー産駒だけにレースへの集中力が好走のカギになる。

評価:S 文句なし

シーブリーズライフ

目立つ部分はないが、特に悪くもない雰囲気でマズマズのデキにはある。
しっかりとした体でタフそうなだけに輸送は平気だろう。

評価:B 平凡

ナンシーシャイン

まだ薄めの体で成長の余地を残すが、均整のとれた馬体はここでも目立つ。
骨格が小さいだけにパワー不足かつ当たり負けしやすいのげネックか。

評価:B 順調

2012年

第46回フィリーズレビューで複勝でもプラスになる穴馬で勝負をかける!

◎06.エイシンキンチェム

前走は上がり勝負、2走前は距離、3走前は時計が
速すぎたのが敗因。2戦目で後の重賞馬に勝っている
通り力はある。欠点を隠せる阪神の馬場で見直す。

○07.ファインチョイス

洋芝で2連勝したように今のタフな馬場は向く。
鉄砲も利くタイプで1400mまでなら距離は持つ。

▲04.アイムユアーズ

マイルは長い印象で距離短縮は歓迎。
あとは上手くゲートを出られれば。

×2,5,8,16

フィリーズレビュー分析

アイムユアーズ
アウトラインや筋肉がキリッと締まっていて久々を感じさせない。
立ち姿も素晴らしく本番より実をとりにきたのかも!?
馬体診断:★★★★★

アンチュラス
少し緩いが休み明けとして問題ない仕上がり。
馬体診断:★★★

イチオクノホシ
ゆったりと構えるようになり若さが抜けてきた。
それだけに距離短縮は裏目に出る可能性がある。
馬体診断:★★★★

ビウイッチアス
硬めの体つきの通り筋肉質で実にパワフル。
渋った馬場やダートでも問題ないだろう。
馬体診断:★★★★

ファインチョイス
胴が伸びたせいか、以前よりバランスが悪く見える。
背中が緩く写るように成長している途中なのかも。
馬体診断:★★★

ラシンティランテ
やや硬めに写るがフックラした馬体は好感が持てる。
皮膚感も良く不安のない仕上がり。
馬体診断:★★★★

人気の逃げ馬は狙うな

逃げ馬の回収率が高いことは知られるようになりました。なぜ逃げ馬だけがプラス回収率を維持することができるのか。この謎が解ければ効率的な馬券の構築に役立ちます。そもそも好きで逃げ馬にしたいと考える厩舎は希少と言えるぐらい少ないことを知っておく必要があります。やはりマークを受けることには一定の不利があるからです。

そう考えると人気の逃げ馬にはメリットがないことが分かってきます。そう逃げて高配当をもたらす穴馬を探せばいいのです。こういった思考ができるようになれば競馬予想はもっと面白くなっていきます。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - G2予想