激走穴馬を特定する競馬予想理論と分析情報を共有するクラウドで勝つ競馬予想を始めよう! ◆携帯・スマートフォン対応

競馬で勝ち続けて6周年

菊花賞2014の展望

すっかり影の薄くなったクラシック最終戦の菊花賞だが、例年のように1頭の実績馬に後を追う下位馬の構図となっている。

激戦で上位の力を示してきた日本ダービー馬ワンアンドオンリーは手堅く二冠達成の雰囲気が漂っている。あとは下位にいる馬たちが距離延長を武器とできるか、そういった馬がいるかが馬券的中のポイントになる。

気になる穴馬は絞れているものの最終的な判断はiWINSか会員専用ページにて配信する予定。人気馬の診断や3連単のヒモに必要な好走範囲馬も掲載するので参考にして欲しい。小倉2歳Sで公開的中した単勝万馬券の再現を狙うべく着々と準備を進めているところだ。

なお、iWINSで無料公開することもあるが、確実に情報が欲しければ会員登録を検討して頂きたい。

更新情報

10/17 プレミアム会員募集を期間限定で再開しました。
10/18 土曜分析情報の配信を完了しました

無料情報

情報効率が上がれば競馬で勝てる!

admin神算鬼謀は、人的資源を最大限に生かすことで独自の理論と情報ルートを構築してきました。その成果を皆様にお返しすることで、また情報提供をして頂ける環境が整っています。

インターネットが登場して以来、さまざまな情報が集積されるようになりました。アクセスデータから趣向を割り出し関心度の高い広告を見せるようにするなんて当たり前の時代です。競馬でも競走馬の情報が集まれば、適性や調子など手に取るように分かります。

これからは、良質な情報を持っている人とそうでない人に分かれます。そして、それは勝てる人と勝てない人の決定的な差となるでしょう。「三人寄れば文殊の知恵」と言うように、一人より複数人が持ち寄った情報を使った方が勝ちやすいのは当たり前です。情報効率の良い人が馬券を制す。この流れは止めることはできません。それを先駆けて実践してきた神算鬼謀は他より優位に立つ予想で勝利を目指していきます。
  • メールでお問い合わせはこちら

ログイン記録

  • 180ログインID:

ログイン

Twitter

競馬予想で勝つために

神算鬼謀の取り組み
  • クラウド技術による情報力強化
  • 理論応用による予想法構築
  • 馬券戦略を決めるマクロ分析
  • 予想精度を向上させるミクロ分析
  • 馬体理論による能力・適性判断
  • 馬場の分類と数値化
  • 競走馬の基礎能力を序列化
  • 調教による競走馬への影響

競馬のノビシロは大きい
競馬には未だ教科書と呼べるようなものはなく、実は未開拓の部分が多く残されています。日本競馬史150年の中で予想という分野が急速に発展してきたのはインターネットが登場してからのことです。どこかの会社員が1億円以上の利益を出したように、競馬における億万長者の出現はこれから本格化してくると予測しています。

競馬で勝てることを実証する
神算鬼謀は、色々な分野の理論を持ち込み研究してきました。そして今までにない実践的な理論構築に成功したのです。その神髄は無料競馬情報を中心にお見せしていきたいと思っています。
PAGETOP
Copyright © 競馬予想の神算鬼謀 All Rights Reserved.
Powered by Yuji Ito& BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.