2007年 回収率128% 60サイト中9位

本当の試練は、ここから始まったのかも知れない

その上をゆく強者たちは時代の波に押し流され今はもういない
一部はkeibasite.comへと移り住み、ともに歩んでいく道を選んだ

なぜ、彼らは勝てなくなったのか?その理由を探しつづけ、やがて気づいた

競馬必勝法の核となる、いまだから可能な超競馬理論
クラウドを始めとする最新ネット技術が生み出す無限の可能性

その変化がもたらした独自のオッズゾーンで競馬は変わる

いまのトレンドに合う軸馬でプラスにする

あの人気馬が勝つか負けるかなんて“予想”に頼っていてはダメなんだ
そこは“分析”によって決定されるべきであり、そこから確かな馬を見つけることで勝算が生まれる

その情報を元に予想すれば、さらに利益率の高い買い目を決めることができる

keibasite.comが配信しているのは、この馬券収支を伸ばすための軸馬情報なんだ

それを元手にいくらか稼ぐかが馬券の真骨頂なのだと僕らは言いたい

予想力だけあればプラスになるという幻想を捨ててみよう

そうしたら突くべき穴が見つかるようになる

自分だけの競馬必勝法を作るには?

あなたは情報の価値を自分で判断して決められるか?

ほとんどの人は情報の価値を見極めてなどいない
どこからきた誰の話かで判断しているに過ぎない

その大勢が予想すればオッズのゆがみは少なからず生じる
そこが唯一と言える競馬必勝法の生息地である

基礎能力の序列を正しくできなければ競馬必勝法は成立しない
オッズだけで成立するのは例外と考えるべきだ

そこの部分をどうするべきか
答えはカンタン!keibasite.comに任せればいい

データは数字だけではない
馬体構成だってデータに分類される

その価値づけは競馬関係者も手を出すことはできなかった
そして、そのシークレットを解禁したのがkeibasite.comなのである

信じる?信じない?すべてはあなたの価値観次第だ
もう一度いう、あなたは情報の価値を自分で判断して決められるか?

 

ステップ1:軸馬でプラスにする

1月Bランクは、的中率50%・回収率100%オーバーを記録。軸馬を制す者が競馬を制す!革新的な情報で確信的プラスを目指します。

軸馬のメリット⇒成績変動が少なく再現性が高いのが特徴。
※ランク別表記は、会員のみに記載

馬券購入タイプ

いくつかの単勝・複勝の疑似投資パターンを提示します

均等買い

1レース一定額で購入する攻守バランス型

  • 浮き沈みが少ない大きくも稼げない
  • 特に複勝はジリ貧におちいりやすい

均等複利買い

均等買いしつつ、でた利益を上乗せ購入する投資型

  • 上手くいけば利益率が高い
  • 連敗に耐えられない

均等自信買い

均等買いしつつ、自信のあるレースで購入レートを上げる攻め型

  • 上手くいけば利益率が高い
  • 損益が増えやすい

無料で始められる軸馬収益プラン

無料配信は、基本的にランク記載なし。だけど予想力に自信のある人は、これだけでもプラスにしています。安定運用の軸馬で投資センスを磨こう!

ランク低 N⇒B⇒A⇒S 高
軸馬B[平均]》
単勝:的中率30% 回収率:120%
複勝:的中率60% 回収率:105%

 

ステップ2:穴馬でプラスにする

軸馬でコツコツと収益を作りつつ穴馬の爆発力で一気に回収率が加速する!無料で穴軸馬の配信だけでなく8年プラスにしてきた激走指定馬で一気に勝ちを確定させよう。安定の軸馬があれば少ない負担で大きく回収率を伸ばすことも可能です。

※激走穴馬の指定は、クラウド会員(無料)になる必要があります。

無料軸馬メルマガ登録はこちら

1月軸馬の的中率50%達成 回収率130%

※みずから勝つという強い意志のない方は利用しないで下さい
※負けて落ち込む人は、競馬をやめて下さい

メールアドレス *

登録 解除 

登録内容が正しければチェックして下さい。

ステータス:

 

Thanks Horse Projectについて

競走馬の仲介も行っているkeibasite.comは、Thanks Horse Projectを応援しています。

Thanks Horse Projectは、1頭でも多くのサラブレッドをセカンドキャリアへ繋げるとともに、馬の多様な利活用を創出することで受け皿拡大を促進し、馬事文化の普及に努めています。

・引退馬のキャリア支援(3つの要素:リトレーニング・キャリアパス・キャリアマネジメント)
・引退馬ファンクラブTCC(受け皿拡大)

詳しくは、下記サイトをご参照ください。

http://www.thankshorseproject.com/

重賞レース分析

最近の更新

  • 03/19 本日の情報メールを配信しました
  • 03/20 本日の情報メールを配信しました